三極通貨体制

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数373
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1990年代に「三極通貨」の一翼を担った円が国際通貨としての地位を低下させた要因は何か。また、将来の国際通貨システムにおける円の役割を述べよ。
    三極通貨とは、すなわちドル・ユーロ・円の3つの通貨が三大国際基軸通貨として市場に君臨した状態のことを指す。何故、円がその地位を低下させていくことになったかを検討する前に三極通貨体制についてもみておこうと思う。
    そもそも、国際基軸通貨とは何か。実質的価値の観点からいえば、金との交換が保証されることであり、異なる国際通貨間の為替媒介の役割を果たすものである。つまりは、国際的な信用を得られるほど普及する通貨は、イコール世界経済の主力だといえる。
    では、何故上..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。