IT革命とワンツーワンビジネス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数281
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.授業
    IT革命により情報が大量に安くかつ瞬時に処理でき、これまでの生活と共に従来の市場全体をも変えてきている。従来の市場や企業は価格という情報だけで十分であり、消費者個々のニーズに応えることは無理だった。IT革命後は、企業は消費者個人が「何をどれだけ欲しがっているか」という情報と個人情報を得ることができ、消費者は商品やサービスそのもの、また企業全体についての情報を得ることができる。また、その例として、ITを利用した介護サービスや、ワンツーワンビジネスというものが発達してきた。
    2.資料
    そこで私はIT革命によって変化した市場や従来のマスマーケティングについて調べることにした。
    従来市場や私たち消費者の間ではマスマーケティングが主流であった。そのマスマーケティングとは不特定多数の消費者に対して、大量の宣伝・広告、情報やサービス提供を行い多数の消費者への市場開拓を行っていくというものである。このマスマーケティングで、企業側は、その宣伝・広告に対してどの程度の消費者が関心を持っているか、消費者個人がどのような欲求を持っているかはそれほど関係なく、不特定多数の消費者全体に対して販売を促進していく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
     テーマ「IT革命とワンツーワンビジネスによる新経済」
    1.授業
    IT革命により情報が大量に安くかつ瞬時に処理でき、これまでの生活と共に従来の市場全体をも変えてきている。従来の市場や企業は価格という情報だけで十分であり、消費者個々のニーズに応えることは無理だった。IT革命後は、企業は消費者個人が「何をどれだけ欲しがっているか」という情報と個人情報を得ることができ、消費者は商品やサービスそのもの、また企業全体についての情報を得ることができる。また、その例として、ITを利用した介護サービスや、ワンツーワンビジネスというものが発達してきた。
    2.資料
     そこで私はIT革命によって変化した市場や従来のマスマーケティングについて調べることにした。
     従来市場や私たち消費者の間ではマスマーケティングが主流であった。そのマスマーケティングとは不特定多数の消費者に対して、大量の宣伝・広告、情報やサービス提供を行い多数の消費者への市場開拓を行っていくというものである。このマスマーケティングで、企業側は、その宣伝・広告に対してどの程度の消費者が関心を持っているか、消費者個人がどのような欲求を持っている..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。