サブリミナル効果の実用性について考える

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数637
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・サブリミナル効果とは
    私たちが普段の生活の中で認識している意識より「気づいていない」下の部分、いわゆる「潜在意識」や、意識と潜在意識の中間の部分である境界領域に通常では認識できないほどの短い時間に商品の映像などの刺激を与えることによってその商品購買意欲を増加させるという効果である。
    ・サブリミナル効果が議論され始めるきっかけ
    1985年、ある映画の上映中に「ポップコーンを食べましょう」「コーラを飲みましょう」というメッセージを「知覚できない提示時間」で繰り返し投影するとコーラが18%、ポップコーンは57.5%も伸びたという。これがサブリミナル効果についての議論の始まりである。
    ・サブリミナル効果に関する実験
    映画館の実験と同年、カナダのテレビ局CBCがサブリミナル効果を検証する番組を制作し、「今すぐ電話をかけろ」というメッセージを数百回にわたり挿入し、視聴者に対して「何を感じたか」手紙を書いて送ってもらったところ、半数近くが「何か飲んだり食べたりしたくなった」というものであり、正解したものは一人もいなかった。さらに、電話局の調べでは、放送番組終了後の通話量はむしろ減少していたという。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    サブリミナル効果の実用性について考える
    ・サブリミナル効果とは
     私たちが普段の生活の中で認識している意識より「気づいていない」下の部分、いわゆる「潜在意識」や、意識と潜在意識の中間の部分である境界領域に通常では認識できないほどの短い時間に商品の映像などの刺激を与えることによってその商品購買意欲を増加させるという効果である。
    ・サブリミナル効果が議論され始めるきっかけ
     1985年、ある映画の上映中に「ポップコーンを食べましょう」「コーラを飲みましょう」というメッセージを「知覚できない提示時間」で繰り返し投影するとコーラが18%、ポップコーンは57.5%も伸びたという。これがサブリミナル効果に..

    コメント1件

    acidrain 購入
    内容が薄く、参考にならなかった。
    2006/09/25 4:08 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。