利息制限法と出資法の問題点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数518
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    −事例−
    Bさんは消費者金融から50万円を年利25%で借りた。しかし、返済が苦しくなり、50万円を借りた消費者金融に事情を話した。すると「毎月の利息を払えば元金は返済のめどがつくまで待ちますが、利息の支払いが一回でも滞れば残金を全額支払ってください。」と言われた。しかし、利息だけを払い続けても元金は減らず、勤務先の経営状態も良くなく、返済に困っている。
    −事例の問題点−
    ・利息に関する法律は、「利息制限法」と「出資法」という2つの法律がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    -事例-
    Bさんは消費者金融から50万円を年利25%で借りた。しかし、返済が苦しくなり、50万円を借りた消費者金融に事情を話した。すると「毎月の利息を払えば元金は返済のめどがつくまで待ちますが、利息の支払いが一回でも滞れば残金を全額支払ってください。」と言われた。しかし、利息だけを払い続けても元金は減らず、勤務先の経営状態も良くなく、返済に困っている。
    -事例の問題点-
    利息に関する法律は、「利息制限法」と「出資法」という2つの法律がある。2つの法律の違いは、「利息制限法」は市民間でのルールである「私法」であり、刑事罰が無い。一方、「出資法」は刑事罰を伴う「公法」であり、違反すると懲役5年以..

    コメント1件

    1540hiro 購入
    分かりやすく示されていた
    2007/10/03 21:35 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。