民法5部の1ー1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数389
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    再婚禁止期間法大民法5

    代表キーワード

    民法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     女性の再婚禁止期間に関しては次のような議論がある。1つは、男性には再婚禁止期間がなく女性だけにあり、懐胎の有無にかかわらず再婚禁止期間があるということ、民法744条第2項により再婚禁止期間中に婚姻届を出した場合に前夫はその婚姻を取り消すことができるという前夫の嫌がらせを助長するものであり、憲法14条の「性別」による差別にあたるとするものである。もう1つは女性は産む性であり、女性に再婚禁止期間を定めることは父性の確定のために必要であり、父性を確定させることは生まれてくる子の福祉を守るために必要なことであるため、性別による差別にはあたらない。一般人が女性の懐胎の有無を確実に知るためには100日程..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。