読みの指導方法及び問題点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数299
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私自身、小学校・中学校の時に国語の時間でいわゆる文学作品を読むという授業は苦手であった。なぜ苦手だったのかというと、授業の時は先生が事細かに説明をしてくれて、テストになると自分の書いた答えが、マルではなく、三角だったり、不正解だったりする。そしてなぜそうなのか、先生が説明してくれるのだけども、よくわからなかった。
     文学作品を国語の授業で取り上げる目的としては、作品を読んでいくことで、その作品の表現に即して、頭の中にゆたかなイメージを描き、想像の世界を切実に体験し、味わい楽しむということである。すぐれた作品であれば、読んでいくうちにそこに描かれた表現に人生や世界の真実を読み取り感動するはずだろ..

    コメント3件

    hori0206 購入
    ありがとうございました。
    2007/03/10 23:51 (9年9ヶ月前)

    osa 購入
    少し誤字がありますが、参考にさせていただきます。
    ちなみに、こちらは説明文についての記述がなく、文学作品と
    説明文の比較がされていないので、このままでは再提出になりますよ♪
    2007/07/11 14:43 (9年5ヶ月前)

    凛としてニコル 購入
    ありがとうございました。
    2007/08/01 11:24 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。