家庭科における消費者教育の指導方法について論述しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数678
ダウンロード数45
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     消費者教育の目標は、自主的判断のできる賢い消費者を育てることにあるとされている。それを家庭科学習の中でどのように指導していくかを考えていく。
     直接的に言えば指導内容の(7)「身の回りのものや金銭の計画的な使い方を考え適切な買い物ができるようにする」での指導が中心となると考えられる。
     指導内容(7)ではさらに以下の2つの指導内容がある。ア)物や金銭の使い方を自分の生活との関わりで考えること。イ)身の回りの物の選び方や買い方を考え購入することができることである。ア)では児童の周りのもテレフォンカードや交通機関のプリペイドカードなどカードが多くあり実際に児童も塾の行き帰りなどに使っていると考え..

    コメント5件

    yuki72ki 購入
    文章の言い回しや、誤字が多少ありましたが、参考になりました。ありがとうございます。
    2007/02/07 12:07 (9年10ヶ月前)

    yaeko 購入
    よかった
    2007/04/22 12:46 (9年7ヶ月前)

    tomokoonei 購入
    ありがとうございました
    2007/05/08 20:16 (9年7ヶ月前)

    hcxwg208 購入
    good
    2007/06/13 1:47 (9年6ヶ月前)

    haruno1215 購入
    参考に致します。
    2007/06/13 12:23 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。