保育内容(人間関係)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,262
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     人は1人で生きていくことはできず、自分以外の様々な人々と様々な関わりを持って生活をしていく。幼児期には親子を中心とした家庭という小さな人間関係の中で、生まれたばかりのころには依存をして生きていてだんだん自分でできることが増えていっているという段階である。成長していくにあたって地域社会などより広い社会とのつながりを持って行くことになる。幼児期に様々な社会体験をしていくことで、まだあまりつながりを意識できていない広い社会とのつながりがあることを意識することができる。家庭という小さな社会から幼稚園や保育園という少し大きな社会をしったこの時期に様々な社会体験をすることが重要なのである。
     この時期の..

    コメント4件

    69sex 購入
    参考になりました。
    2007/01/03 6:23 (9年11ヶ月前)

    spark 購入
    参考になりました
    2007/01/10 13:11 (9年11ヶ月前)

    さぁや 購入
    とても参考になりました!
    2007/02/19 18:55 (9年10ヶ月前)

    usi0375 購入
    参考になりました
    2007/10/29 21:08 (9年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。