保育内容(環境)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数599
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     普段、様々な物に囲まれ物を使って生活しているが、これらの物は数えたり量を量ったりすることができる。生活していく上で、数や量を必ず扱うことになる。物の個数を数えたりするためには数は絶対に必要な物であるし、体積や重さや長さ、さらには時間まで決まった単位で数に置き換えて使う量という概念も生活していく上では避けては通れない物である。
     しかし、数というのは抽象的なものである。例えば、「3」といったときに「3」というものが存在するのではなく、3つのりんごだったり3人の大人だったりする。そこから「3」という数を抽象しているのである。具体物から個数だけを抽象して「リンゴ3個とみかん3個は同じ個数」というこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。