保育内容(環境)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,540
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     子どもにとって、自然とは想像力を養う場である。草木や太陽などが自分と同じように命を持っているというアニミズム的思考を持っている。この思考段階で自然に対する神秘や完成動植物に対する愛着心や愛護心などの情緒や情操がはぐくまれる機会である。また、自然の対象を新鮮な5感で感受し、興味や関心を持って挑む。その中で様々なことを発見し、その発見する喜びを感じている。自然への実体験がなされると、思考が広がり、さらに深まるのである。それが、創造性を生むもとになる。
     そのように考えると、子どもにとって自然環境は、情動・学び・遊びの学習の場であって、子どもは自然との直接的経験を通して自然環境の中で成長するという..

    コメント2件

    nicole0218 購入
    参考にさせていただきます
    2006/12/08 17:48 (10年前)

    okusan 購入
    最初の導入の部分が、いまいち
    2007/01/20 23:59 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。