子どもの最善の利益を尊重するために家庭、社会、学校において配慮すべきことについて述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数868
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「子どもの権利条約」は、1989年11月20日の国際連合(United Nations)総会にて満場一致で可決された。その内容とは前文、第1部(実体規定、第1条から第41条まで)、第2部(運用規定、第42条から第45条まで)、第3部(手続き規定、第46条から第54条まで)の条項によって成り立っている。この条約が成立し、児童の権利擁護の必要性が認められるまでには何世紀も渡るさまざまな努力があった。「子どもの権利条約」が成立する前の、1924年には

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「子どもの最善の利益を尊重するために家庭、社会、学校において配慮すべきことについて述べなさい。」
    「子どもの権利条約」は、1989年11月20日の国際連合(United Nations)総会にて満場一致で可決された。その内容とは前文、第1部(実体規定、第1条から第41条まで)、第2部(運用規定、第42条から第45条まで)、第3部(手続き規定、第46条から第54条まで)の条項によって成り立っている。この条約が成立し、児童の権利擁護の必要性が認められるまでには何世紀も渡るさまざまな努力があった。
    「子どもの権利条約」が成立する前の、1924年には「児童の権利に関するジュネーブ宣言」が採択された。宣言の前文で「全ての男女は、人類が児童に対して最善のものを与えるべき義務を負う」と明言されている点がきわめて重要であるとされ、国際連盟(League of Nation)によって採択された世界初の児童権利宣言となった。
    だが、こういった子どもの人権を守る努力が続けられていたにも関わらず、1941年に第2次世界大戦が勃発し、第1次世界大戦に続き、再び多くの子どもたちが犠牲となってしまった。
    第2次世..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。