精神科デイケアにおけるプログラムの意図や精神保健福祉士の役割について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数5,104
ダウンロード数59
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神科デイケアにおけるプログラムの意図や精神保健福祉士の役割について考察しなさい。」
    精神科デイケアは、精神科医師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、臨床心理技術者等が関わっており、通院により治療及びリハビリテーションを行うものである。平成18年の障害者自立支援法制定により、ショートケア(昼間3時間)、デイケア(昼間6時間)、ナイトケア(夕方4時間)、デイ・ナイトケア(昼間から夜まで10時間)の4種類になり、患者のニーズに応じて様々な時間設定がされている。
    これらのデイケアは、精神障害者の社会生活機能を回復させる為に患者の症状・病状等に応じてプログラムを通して、グループ毎に治療する事を目的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。