生活技能訓練(SST)の望ましい実践方法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,124
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神科リハビリテーションの技法としての生活技能訓練(SST)の特徴を挙げ、具体的にどのように実践されるのが望ましいか考察しなさい。」
    統合失調症は、かつては脳神経系の疾患で慢性的に進行し、人格を変えてしまうと思われていたが、現在は重篤なものは少ない。つまり、社会、環境に対するストレスが強いと不良な方向に働くが、それに対する忍耐力、対処能力が備わっていれば充分対応していけるのである。よって投薬、生活技能訓練(SST)等により症状が軽減され、在宅での生活が可能だと考えられている。
    生活の中では、他人の行動を含む社会的刺激を受ける(受信)、それに対して自身が取るべき行動の判断(処理)、行動、言葉等..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。