アルツハイマー型痴呆、脳血管性痴呆、びまん性レビー小体病(パーキンソン病)の三疾患について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,966
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「アルツハイマー型痴呆、脳血管性痴呆、びまん性レビー小体病(パーキンソン病)の三疾患について病因、症状、経過、男女比について各疾患ごとにまとめなさい。」
    1.アルツハイマー型認知症
    アルツハイマー型認知症は、認知症患者の約半数を占める原因不明の脳の萎縮による認知症性疾患である。孤発性のものと家族性のものがあり、治療法を含めて未だ不明な点が多い。初老期に起こるアルツハイマー病、老年期に起こるアルツハイマー病型老年認知症に大別され、男女比は1:2や1:3と言われており、女性の方が多い傾向にある。
    症状は、記憶障害で発症。徐々に進行する疾患で、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期の3段階に分けられる。
    Ⅰ期では、物盗ら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。