ライシャワー事件による、精神衛生法の改正、現在の精神保健及び精神障害者福祉に関する法律との比較

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数4,373
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ライシャワー事件を取り上げ、精神衛生法の改正の要点をまとめ、現在の精神保健及び精神障害者福祉に関する法律との比較をしなさい。」
    1.ライシャワー事件
    「ライシャワー事件」とは、1964年3月にライシャワー駐日アメリカ大使が、19歳の統合失調症の少年に刺される事件の事であり、その事件は当時の時代背景に大きな影響を与えている。一つは、刺された傷の手術の為に輸血をしたところ肝炎に罹り、売血問題が話題になった事。もう一つは、この事件が起きた事で以下に記す精神衛生法が改正されたという事である。
    ライシャワーは日本生まれ、日本育ち、更に日本人の妻がいるということで、日本国民から「日本生まれのアメリカ大使..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。