『成人期における精神保健』について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,408
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「『成人期における精神保健』についてまとめなさい。」
    成人期は、青年期と老年期の間にあり、年齢で表すと凡そ30歳から64歳迄の期間ということになる。成人期は学生時代を終え、職に就き、仕事にも大分慣れ、また私生活では家庭を持ち、公私共に忙しさもありながら充実している時期である。
    成人期は凡そ30~64歳と期間が長く、前期・後期に分けられている。また成人期の中間部分に当たる40~45歳の時期を中年期と呼んでいる。それぞれの時期の特徴について述べる。
    ①成人前期
    エリクソンは成人前期の課題を「親密性 対 孤立」と表現している。この時期は、仕事・結婚等により他者との親密な関係を形成して行く時期である。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。