精神病院の入院形態の二極分化について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,172
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神病院の入院患者は、短期間で退院する患者と長期に渡って入院する患者に二極分化している。このことから精神科医療の現在の問題点と今後の展望をまとめなさい。」
    精神科病院の入院患者が短期間の入院治療で退院する場合と、長期に渡って入院し続ける場合とに二極分化されている。何故その様な事が起きているのだろうか。
    精神病患者への治療は、家族歴、生活歴、既往歴等についての面接、そして身体検査、心理検査等の検査によりどの様な病状、症状なのかを確認し、治療を行う。患者への治療は病状により異なるが、薬物療法、精神療法、生活指導、リハビリテーションを病状、時期によって適した方法で行われる。
    統合失調症であれば、青..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。