障害者雇用の現状と課題について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,301
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「障害者雇用の現状と課題について述べよ。」
    障害者が社会参加する為には、環境として整備がなされている必要がある。雇用の問題としては、社会として、会社として受け入れ、共存して行く意識がないと実現不可能なものである。障害者と共存して行くこと、つまりノーマライゼーションの概念が受け入れられないと困難なのである。
    「ノーマライゼーション」とは、障害者の障害を取り除くことではなく、障害者は自助努力により、そしてそうでない者は、障害者を同じ人間として受け入れ、共存出来る環境作りを目指して行くことである。障害者は誰も好き好んで障害を持っているわけではない。生まれた時から障害を抱えている先天的な障害者や、交通事故での脊髄損傷等により後天的に障害を抱えてしまう者もいる。誰しも家族や身近な者に、障害者が現れてしまう可能性があるのだ。
    昨年秋にフジテレビ系列で放送されたドラマ「僕の歩く道」は、草彅剛演じる自閉症の主人公が動物園で職に就き、主人公、そして周りのスタッフが共に成長して行く内容の物語である。物語の展開としては、多少美化されているようにも感じられたが、要するに受け入れる側の問題である。共存して行くには、それに見合った環境が必要となるのである。
    我が国には、障害者の雇用に関する法律がある。1960年に制定された「身体障害者雇用促進法」では、その対象を身体障害者としていたが、1987年には知的障害者、精神障害者も同法の対象とし、雇用の促進に加え、雇用の安定を図ること、職業リハビリテーション対策を推進する内容に改正され、名称も「障害者の雇用の促進等に関する法律」に変更された。その第1条では「この法律は、身体障害者又は知的障害者の雇用職務等に基づく雇用の促進等のための措置、職業リハビリテーションの措置その他障害者がその能力に適合する職業に就くこと等を通じてその職業生活において自立することを促進するための措置を総合的に講じ、もつて障害者の職業の安定を図ることを目的とする。」と定めている。
    1960年の制定当初は、取りあえず法律で謳っているという程度であったが、現在は数字としては少ないながらも多くの企業で障害者の雇用が行われている。私の勤めている特別養護老人ホームにも洗濯場担当、掃除担当として数名の障害者が働いている。「障害者の雇用の促進等に関する法律」の第1条及び先に述べたドラマ「僕の歩く道」の主人公同様に、その能力に適合する仕事を選択してあげさえすれば、より多くの企業での雇用が可能になるのではないだろうか。障害者本人にしても、補助やサービスを受けるだけの受け手だけではなく、何かの、誰かの役に立てる環境は必要であるし、生活の励みにも繋がるのではないかと考える。
    障害者の雇用の促進等に関する法律に基づく現在の法定雇用率は、民間企業の場合、一般企業は1.8%、特殊法人は2.1%であり、国及び地方公共団体の場合は、2.1%である。雇用の対象の多くが身体障害者か知的障害者であり、重度障害者に関しては雇用が困難なようである。重度障害者の雇用についても今後検討する必要がある。
    一般企業が障害者を雇用することは、促進されてはいてもやはり限界が見られる。企業の種別、都合により雇用が困難な場合がある。そのような場合は、障害者雇用納付金制度により障害者を雇用している企業と、そうでない企業間の調整を図る為に納付金・報奨金等が徴収・支給されている。罰金と言う程の意味合いはないが、障害者雇用を促進する流れが確かに存在するのである。
    それでも確かに、納付金を納めればそれで良しとする企業は多く、その

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「障害者雇用の現状と課題について述べよ。」
    障害者が社会参加する為には、環境として整備がなされている必要がある。雇用の問題としては、社会として、会社として受け入れ、共存して行く意識がないと実現不可能なものである。障害者と共存して行くこと、つまりノーマライゼーションの概念が受け入れられないと困難なのである。
    「ノーマライゼーション」とは、障害者の障害を取り除くことではなく、障害者は自助努力により、そしてそうでない者は、障害者を同じ人間として受け入れ、共存出来る環境作りを目指して行くことである。障害者は誰も好き好んで障害を持っているわけではない。生まれた時から障害を抱えている先天的な障害者や、交通事故での脊髄損傷等により後天的に障害を抱えてしまう者もいる。誰しも家族や身近な者に、障害者が現れてしまう可能性があるのだ。
    昨年秋にフジテレビ系列で放送されたドラマ「僕の歩く道」は、草彅剛演じる自閉症の主人公が動物園で職に就き、主人公、そして周りのスタッフが共に成長して行く内容の物語である。物語の展開としては、多少美化されているようにも感じられたが、要するに受け入れる側の問題である。共存して行くに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。