集団援助技術(グループワーク)についてまとめよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数4,315
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「集団援助技術(グループワーク)についてまとめよ。」
    社会福祉援助技術は、大きく直接援助技術、間接援助技術、関連援助技術の三つに分類されている。その三つの援助技術は更に分類されており、「直接援助技術」は、個別援助技術と集団援助技術に分類され、「間接援助技術」は、地域援助技術、社会福祉調査法、社会福祉運営管理、社会活動法、社会福祉計画法に、「関連援助技術」は、ネットワーク、ケアマネジメント、スーパービジョン、カウンセリング、コンサルテーションに分類されている。「社会福祉援助」と一言に言っても様々な方法、角度による援助が行われており、これらの援助方法は、精神医学、心理学、人間学他様々な学問と隣接し合い、更に学問として発達して行くことであろう。
    その中でも、直接援助技術の一つ、集団援助技術(グループワーク)について、歴史的展開を踏まえて述べて行きたい。
    社会福祉の歴史は、常に社会の変化と関わりによるものである。社会の変化によって生み出される生活問題への対策の一つとして展開して来たのである。
    そもそも、人が互いに援助し合うことは、人類の社会が形成されていく過程と共に、様々な形で行われてきた。それは相互扶助であり、慈善、博愛と呼ばれる援助であった。
    ロンドンでキリスト教の牧師G.ウィリアムズによって始められたYMCA(1844年)やYWCA(1855年)は、祈りを共にする青少年団体運動の出発点であった。これらは貧困、病気、犯罪等の社会問題の渦中にいる青年達に対して、インフォーマルな集団がキリスト教の信仰を通して、精神的指導、生活指導、社会教育をし、人権についての認識を高める事を狙った活動であった。これが、その後のグループワークの源流であったと考えられている。
    また、1884年、イギリスのトインビーホール設立者であるS.バーネットの呼び掛けにより、レジデント達が移民の生活実態に密着して、その生活ニーズに応じた活動を行ったセツルメント運動がある。これは、貧困地区にレジデント達が住み込み、成人教育の実施、保育所の運営、法律相談や市民相談所での活動等、多方面に渡り、ボランティア活動を行ったものである。
    アメリカでも、1889年にハル・ハウスを設立したJ.アダムスがトインビーホールの活動を参考に移民同士の生活技術の教え合いを行ない、「与える人」と「与えられる人」の壁を取り払う試みをしている。
    これらのセツルメント運動が、後のグループワークに残した原則として、S.ブライアーは、①社会的参加と協同、②民主的なプロセスの尊重、③学習による成長・発達、④異なった背景を持つ人々の直接的な相互作用、⑤社会環境が人に与える影響の認識、の5点を挙げている。
    1923年には、アメリカで最初の集団援助技術の課程がウェスタン・リザーブ大学ソーシャルワーク大学院に設置され、G.コイルによる講義が行われている。
    以上の歴史的展開を踏まえて、1935年の全米社会事業会議において、初めて集団援助部門が設置され、W.ニューステッターが集団援助技術の最初の定義を明らかにした。それは、「集団援助技術とは自発的なグループ参加をとおして、個人の成長と社会的適応を図る教育的課程である」としているが、集団援助技術が、個別援助技術や地域援助技術と並ぶ社会福祉援助技術の一方法であると公式に定義付けられたのは、1946年の同会議におけるコイルの報告によってであった。
    第二次世界大戦により、住民の生活基盤は揺らぎ、戦傷者が溢れ、集団援助技術に対する考え方も変化して来た。G.コノプカは「集団の中における、あるいは集団を

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「集団援助技術(グループワーク)についてまとめよ。」
    社会福祉援助技術は、大きく直接援助技術、間接援助技術、関連援助技術の三つに分類されている。その三つの援助技術は更に分類されており、「直接援助技術」は、個別援助技術と集団援助技術に分類され、「間接援助技術」は、地域援助技術、社会福祉調査法、社会福祉運営管理、社会活動法、社会福祉計画法に、「関連援助技術」は、ネットワーク、ケアマネジメント、スーパービジョン、カウンセリング、コンサルテーションに分類されている。「社会福祉援助」と一言に言っても様々な方法、角度による援助が行われており、これらの援助方法は、精神医学、心理学、人間学他様々な学問と隣接し合い、更に学問として発達して行くことであろう。
    その中でも、直接援助技術の一つ、集団援助技術(グループワーク)について、歴史的展開を踏まえて述べて行きたい。
    社会福祉の歴史は、常に社会の変化と関わりによるものである。社会の変化によって生み出される生活問題への対策の一つとして展開して来たのである。
    そもそも、人が互いに援助し合うことは、人類の社会が形成されていく過程と共に、様々な形で行われてきた。そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。