生活習慣病について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,692
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    生活習慣病がん糖尿病

    代表キーワード

    生活習慣病がん

    資料紹介

    「生活習慣病について述べよ。」
    医療の進歩と衛生面の改善等の要因により、我が国の平均寿命は80歳を超えている。高齢者がいつまでも元気で長生き出来ることは素晴らしい事だが、現状は長生きをさせられている高齢者が多いように感じられる。元気ではないが長生きしている人が多いのではないだろうか。私は特別養護老人ホームにて介護の仕事をしているが、寝たきりの状態で施設に入所して来て、何年経ってもそのままの状態で、会話も殆ど無く、目も閉じたままで、笑った顔なんて見たことがない利用者が多くいるのである。その人達が生活習慣病か否かは別問題として、ただ長生きをするのではなく、元気に長生きしてもらいたいものであるし、自分もそうありたいと望む。「元気に長生きする事」がこれからの社会を生きていく上でのキーワードとなるのではないだろうか。
    元気に長生きする為には、生き甲斐等精神的な要因も多いのだろうが、ここでは病気について述べる。注意しなければならない病気として、生活習慣病が挙げられる。
    「生活習慣病」は、かつては「成人病」と呼ばれ、加齢によって発症する病気の総称であった。しかし、加齢によってではなく、生活習慣によって進行するものであり、生活習慣の改善によっては予防出来るというメッセージ及び、健康づくりの観点から「生活習慣病」と呼称を変更し、主体的な健康づくりを呼びかけたものである。生活習慣病の定義としては「食生活、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」と規定され、インスリン非依存型(2型)糖尿病、肥満、高脂血症(家族性のものを除く)、高尿酸血症、循環器病(先天性のものを除く)、大腸がん(家族性のものを除く)、歯周病、高血圧症、肺扁平上皮がん、慢性気管支炎、肺気腫、アルコール性肺疾患等が生活習慣病と呼ばれるものである。
    日本人の3大死因として、悪性新生物(がん)、脳血管障害、心臓病が挙げられるが、これらもまた生活習慣によって予防は充分出来るものだとされている。
    生活習慣病の予防は、進行具合いによって異なり「一次予防」、「二次予防」、「三次予防」に分けられる。
    「一次予防」は生活習慣の見直し、又は環境改善等により病気の発生そのものを予防できるのである。
    「二次予防」としては、検診等により病気を早期発見、早期治療し、病気が進行しない内に治すものである。
    そして「三次予防」は、適切な治療により、病気や障害の進行を防止し、状態によってはリハビリテーション等も行う。
    生活習慣病の中から「がん」、「糖尿病」、「高脂血症」を例に取り、予防策も含め、それぞれについてまとめる。
    「がん」
    がんは悪性新生物、悪性腫瘍の総称である。がんは上皮組織から生じ、臓器を占拠破壊しながら腫瘍として増殖を続ける。そして、血液やリンパ液の流れを介して身体の各所にがん細胞を転移させたり、周辺組織に湿潤し病状を悪化させ、最終的には死をもたらすのである。
    がんの多くは上皮組織から生じるが、筋肉、骨、結合性組織、血液型の悪性腫瘍である白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫等、上皮組織以外から生じるものもある。
    我が国の死亡率はがんによるものが圧倒的に多く、その中でも死亡率の上位は男性の場合は、肺、胃、肝、大腸がんの順であり、女性の場合は、大腸、胃、肺、肝、膵臓がんの順である。
    がん治療の原則は、早期発見、早期治療である。発病頻度の高い胃、直腸、結腸、子宮、乳房、肺、肝臓がんは早期発見の為に、定期的ながん検診を受ける必要がある。更なるがん検診の充実普及が望まれる。定期的ながん検診も大切だが、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生活習慣病について述べよ。」
    医療の進歩と衛生面の改善等の要因により、我が国の平均寿命は80歳を超えている。高齢者がいつまでも元気で長生き出来ることは素晴らしい事だが、現状は長生きをさせられている高齢者が多いように感じられる。元気ではないが長生きしている人が多いのではないだろうか。私は特別養護老人ホームにて介護の仕事をしているが、寝たきりの状態で施設に入所して来て、何年経ってもそのままの状態で、会話も殆ど無く、目も閉じたままで、笑った顔なんて見たことがない利用者が多くいるのである。その人達が生活習慣病か否かは別問題として、ただ長生きをするのではなく、元気に長生きしてもらいたいものであるし、自分もそうありたいと望む。「元気に長生きする事」がこれからの社会を生きていく上でのキーワードとなるのではないだろうか。
    元気に長生きする為には、生き甲斐等精神的な要因も多いのだろうが、ここでは病気について述べる。注意しなければならない病気として、生活習慣病が挙げられる。
    「生活習慣病」は、かつては「成人病」と呼ばれ、加齢によって発症する病気の総称であった。しかし、加齢によってではなく、生活習慣によっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。