現代人の生活とカウンセリングについて考え、カウンセリングがどうあるべきか述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,085
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「現代人の生活とカウンセリングについて考え、カウンセリングがどうあるべきか述べよ。」
    現代人の生活には、インターネットの普及に代表されるように便利な物が増えて来ている。家に居たまま買い物が出来たり、他者と交流が出来たり、情報収集が出来たり、考え方、使い方によっては非常に便利なものである。しかし、流れている情報には確かなものと不確かなものがあり、その中から必要な物、確かなものを選択する能力が問われるのである。レポートを作成している時に、インターネット上の情報を参考にしたりするが、それも鵜呑みにせず、自分で判断する事が必要である。情報が沢山あるが故の悩みである。これは一種のストレスに繋がる。
    前置きが長くなったが、現代社会はストレス社会なのだという事を述べたいのである。テレビのCMでもその様な事が言われているが、私たちはストレス社会に生きているのである。
    インターネットの普及の他にも、携帯電話の多様化、宅急便等の配達業の迅速化、スーパー、コンビニエンスストア等の多くの店の24時間営業化等、様々な技術の進歩、発展、競争等により、生活に便利なものが増えて来ている。上に挙げたものについて改めて考えてみると、現代社会はスピード社会であるとも言えるのではないだろうか。情報を得ること一つを取ってみても、以前は図書館や本屋で本を借りたり、又は購入して情報を得ていたものが、現在ではボタン一つで情報を得ることが可能である。
    それに伴い弊害も多く現れている。便利になったその裏には、必ずそれを支える労働者の努力があるのだ。現代社会の光と影である。影には必ずといって良いほど、ストレスが付きまとっているのである。カウンセリングは、その様に一生懸命生きている人の心の闇を拭い取る、又は緩和する自己再生能力を引き出す手段であると考えて良いだろう。
    いまやカウンセリングは、特別な者のみが受けるものではなくなっている。インターネットで調べていると、「利用しやすいカウンセリング」という売り文句でカウンセリングを紹介している店もある。つまり、カウンセリングを受けたい人が多く存在することを表している。仕事に関する悩み、家庭内での悩み、又は学校での悩み、生活する場所によって悩み・問題は異なる。人によって異なる。人の数だけ悩みがあるといっても過言ではないだろう。環境によって直面する問題と、そこで行われるカウンセリングについて幾つかに分けて述べる。
    「職場での問題とカウンセリング」
    先にも述べたが、現代社会はスピード社会であり、ストレス社会でもある。利用者の期待に応えるように、ライバル会社と競争を強いられ、精神的・身体的疲労を負いながら仕事をしているのである。当然、カウンセリングが必要な環境である。
    では、どの様な問題があるのだろうか。上司と意見が合わない、同僚と上手くチームワークが取れない、部下が上司の言う事を聞かない等、人間関係によるものが殆どであろう。スピード社会であるが故に、必要以上に迅速さを求められる事もあるだろうが、そこにも人間関係は関わって来るのである。栄養ドリンクを飲んで、無理矢理我が身に鞭打つのではなく、カウンセリングによって納得の行く精神状態で仕事に励むべきである。
    職場でのカウンセリングはどうあるべきか。職場と言う環境は、友達の集まりではなく、会社の存続・向上の為に仕事をする人たちの集団である。仕事と割り切って、同僚と交流しなくても良いと考える人も存在するだろう。よって、悩み・問題は複雑になる可能性がある。カウンセラーは、兎にも角にもクライエントの話を聞く。それがまず重要であ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「現代人の生活とカウンセリングについて考え、カウンセリングがどうあるべきか述べよ。」
    現代人の生活には、インターネットの普及に代表されるように便利な物が増えて来ている。家に居たまま買い物が出来たり、他者と交流が出来たり、情報収集が出来たり、考え方、使い方によっては非常に便利なものである。しかし、流れている情報には確かなものと不確かなものがあり、その中から必要な物、確かなものを選択する能力が問われるのである。レポートを作成している時に、インターネット上の情報を参考にしたりするが、それも鵜呑みにせず、自分で判断する事が必要である。情報が沢山あるが故の悩みである。これは一種のストレスに繋がる。
    前置きが長くなったが、現代社会はストレス社会なのだという事を述べたいのである。テレビのCMでもその様な事が言われているが、私たちはストレス社会に生きているのである。
    インターネットの普及の他にも、携帯電話の多様化、宅急便等の配達業の迅速化、スーパー、コンビニエンスストア等の多くの店の24時間営業化等、様々な技術の進歩、発展、競争等により、生活に便利なものが増えて来ている。上に挙げたものについて改めて考..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。