ムーブメント教育の基本的な考え方と技法について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数6,564
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「ムーブメント教育の基本的な考え方と技法について述べよ。」
    「ムーブメント(Movement)」を国語辞典、大辞泉で調べると「政治上、社会上、芸術上などの運動」、「絵画、彫刻などに表現された躍動感」とある。「動き」を意味する言葉のようである。その言葉に「教育」を付けた「ムーブメント教育」とは、動くことを学ぶ、又は動きを通していろいろなことを学ぶといった教育になる。
    「動くことを学ぶ」とは、主に運動発達を助長することである。それは、姿勢の安定性能力、移動能力、物の操作能力等の運動能力や、健康な身体、調整力等の運動適正等の身体能力を獲得することを学ぶものである。
    「動きを通していろいろなことを学ぶ」とは、認知能力を学ぶことである。それは、身体についての意識、周囲や空間の探求・認知能力、視聴知覚運動能力、概念化等の文字や言語に通ずる前教科的能力、又は自己概念の確立、仲間関係等の情緒発達を育成することである。
    つまり、子供たちが身体を動かすことで自分の身体を知り、身体を巧みに動かせるようになり、それによって意志伝達能力や認知機能を発達させ、その結果、自己表現し、情緒の成熟と社会性の発達を促進することを狙った教育方法なのである。ムーブメント教育は、単に身体を動かすことを教育するだけではなく、精神面も含め、人間の前面発達を視野に入れた教育のことをいうのである。
    ムーブメント教育は、対象を限定した教育ではない。発達段階において運動は欠かせないものであり、運動を通して精神面も成長出来るのであれば、どの子供にも必要なものであろう。しかし、発達の未熟な子供や障害をもった子供に関しては、より必要な教育方法であると考えられる。発達は年齢と共に自然にするものではなく、大人・教育者が引き出すものであり、身体を使った刺激が多くのものを引き出すと考えられる。
    ムーブメント教育の構築においてのアメリカの著名人、フロスティッグは「身体は、どんな人にとっても重要な所有物であり、しかも感情や動きを最も直接的に表現できるものである」と述べている。彼は障害のある子供達を対象に、適切な身体運動による教育的治療を行ない、多くの成果を挙げている。障害をもっている子供は、一般的に運動の経験が不足しているので、感覚や知覚の発達、更には自己の動きや表現、社会性等の発達に大きなつまずきがある。その為、主に感覚運動を行なうのだが、訓練的なものにはせず、楽しく遊ばせながら育てて行くことを重視した。遊びの中にも教育的配慮があり、自発的な運動の中から心身面・精神面の発達が行われているのだとしている。遊びの中で満足感・達成感を味わい、知らず知らずの内に発達して行けるような教育が必要であるとしている。
    ヨーロッパにおけるムーブメント教育の著名な研究者、ナビール博士は、ムーブメント教育が障害児に必要であることを三つの視点から説明している。
    ①多くの感覚の統合化に役立つ
    見る、聞く、触る、動く等の感覚が刺激されることでより高い感覚統合ができる。
    ②動きの能力の拡大に役立つ
    障害児は動きの基本、空間・時間概念の発達が低いので、身体を動かし、ムーブメントを経験することで能力が引き出せる。
    ③ファンタジーの刺激や自己表現に役立つ
    自発性の発揮を重視し、ごっこ遊び、又はファンタジーの刺激に対して、自己表現するよう促し、それによって想像力が育成される。
    以上の能力が総合的に発揮された結果、広範囲の活動が展開出来るとしている。
    我が国でムーブメント教育を紹介した小林芳文は、この教育方法を「人間発達の基礎作りであり、全面発達であり、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ムーブメント教育の基本的な考え方と技法について述べよ。」
    「ムーブメント(Movement)」を国語辞典、大辞泉で調べると「政治上、社会上、芸術上などの運動」、「絵画、彫刻などに表現された躍動感」とある。「動き」を意味する言葉のようである。その言葉に「教育」を付けた「ムーブメント教育」とは、動くことを学ぶ、又は動きを通していろいろなことを学ぶといった教育になる。
    「動くことを学ぶ」とは、主に運動発達を助長することである。それは、姿勢の安定性能力、移動能力、物の操作能力等の運動能力や、健康な身体、調整力等の運動適正等の身体能力を獲得することを学ぶものである。
    「動きを通していろいろなことを学ぶ」とは、認知能力を学ぶことである。それは、身体についての意識、周囲や空間の探求・認知能力、視聴知覚運動能力、概念化等の文字や言語に通ずる前教科的能力、又は自己概念の確立、仲間関係等の情緒発達を育成することである。
    つまり、子供たちが身体を動かすことで自分の身体を知り、身体を巧みに動かせるようになり、それによって意志伝達能力や認知機能を発達させ、その結果、自己表現し、情緒の成熟と社会性の発達を促進す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。