ライフサイクルの変化と高齢者福祉について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,216
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「ライフサイクルの変化と高齢者福祉について」
    「ライフサイクル」とは、生命体の一生の生活にみられる規則的な推移のことをいう。この場合、人間の一生について、所謂現代社会における「揺りかごから墓場まで」の流れについて考えてみる。
    大正9年頃と平成4年頃のライフサイクルのデータを照らし合わせてみると平均結婚年齢、平均寿命が大きく変化しているのが分かる。平均結婚年齢は大正に男性25歳、女性21歳だったのが、平成に男性28歳、女性26歳と遅くなっている。平均寿命にしても、大正に男性・女性共に61歳だったのが、平成では男性77歳、女性83歳となっている。これは平成4年調べである為、現在は更に寿命が長くなっていると思われる。全体的に見ても70年余りで劇的な変化を遂げているのである。
    以上のデータは寿命・平均結婚年齢のみを表したものであるが、それだけを見ても時代と共に人間のライフサイクルが大きく変化しているのが分かる。それに伴ない、現代に生きる人々の生活パターンにも変化が現われている。現代社会の問題点について考えてみると、少子高齢化が挙げられる。まずは少子化の要因を幾つか挙げてみる。
    その一つとして、晩婚化が挙げられる。女性の高学歴化や社会進出に伴い、専業主婦より安定した職業に就きたいという希望者が増加しているのである。仕事をしていれば経済的にも安定しており、自分の能力が役に立っているという自信・満足感に繋がるからであろう。これは女性に限らず、男性にも多くみられる考え方である。
    二番目として、非婚化というものが挙げられる。これは、婚姻関係や子育てに縛られることなく、一人の人間として自由・自立を望む者の考え方である。
    更に、これが一番多いのだが、結婚しても子供を産むことを望まない、若しくは複数の子供を産むことを望まない傾向が多くみられるということだ。養育費・教育費等の経済的理由や、子育てによる自分の自由な時間が減少するといった精神的負担・身体的負担の為、又は一人子供を産み育てたものの、想像以上の育児の大変さに二人目を望まないというものである。また、核家族化により一人で子供を育てるのが困難であるのも要因の一つである。
    次に高齢化について考える。
    医学の進歩・衛生状態の改善により我が国の平均寿命が急激に伸びている。平均寿命が延びたことにより、定年退職後の人生が長くなったのである。男性の高齢者は仕事に打ち込み、趣味も人付き合いもあまりせずに過ごして来た人が多いようで、老後の交流の場面で女性より問題が多いようである。私は介護の現場におり、様々な人と交流をしながら仕事をしているが、成績を上げるべく黙々と仕事に打ち込んでいる人の場合は、その人から仕事を取り上げたら、一体何が残るのであろうか。近隣の人との交流を求められた時に、果たしてコミュニケーションが取れるのであろうか。「男性高齢者」と言って、私がすぐ思い浮かべるのは、駅前駐輪場で自転車の整理をしている姿である。近隣の人とコミュニケーションを取れているのか否か、経済的に問題が有って、給与額に限らず仕事をしているのか定かではないが、健康であれば高齢になっても職を手にしていたいと望む気持ちが強いのではないかと考える。健康であり、働き口があれば一向に構わないと思うが、やはり高齢であるが故に、精神的・身体的に問題点が表れて来ると予想される。その場合に、先に述べたコミュニケーションが取れる能力があるのか否か、ということが重要なのである。女性は男性に比べて、近所付き合いが得意である。個人差は勿論あるが、井戸端会議をはじめ近所付き合いや、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ライフサイクルの変化と高齢者福祉について」
    「ライフサイクル」とは、生命体の一生の生活にみられる規則的な推移のことをいう。この場合、人間の一生について、所謂現代社会における「揺りかごから墓場まで」の流れについて考えてみる。
    大正9年頃と平成4年頃のライフサイクルのデータを照らし合わせてみると平均結婚年齢、平均寿命が大きく変化しているのが分かる。平均結婚年齢は大正に男性25歳、女性21歳だったのが、平成に男性28歳、女性26歳と遅くなっている。平均寿命にしても、大正に男性・女性共に61歳だったのが、平成では男性77歳、女性83歳となっている。これは平成4年調べである為、現在は更に寿命が長くなっていると思われる。全体的に見ても70年余りで劇的な変化を遂げているのである。
    以上のデータは寿命・平均結婚年齢のみを表したものであるが、それだけを見ても時代と共に人間のライフサイクルが大きく変化しているのが分かる。それに伴ない、現代に生きる人々の生活パターンにも変化が現われている。現代社会の問題点について考えてみると、少子高齢化が挙げられる。まずは少子化の要因を幾つか挙げてみる。
    その一つとして、..

    コメント4件

    miyucyann 購入
    参考にします。
    2007/03/19 23:25 (9年8ヶ月前)

    future 購入
    参考になりました。
    2007/06/09 22:32 (9年6ヶ月前)

    nttadsl 購入
    参考にします
    2007/06/15 21:05 (9年6ヶ月前)

    taku1945 購入
    参考にします
    2007/06/17 17:30 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。