社会福援助の技術と援助過程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,782
ダウンロード数56
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「社会福祉援助の技術と援助過程について述べよ」
        社会福祉とは、利用者が幸せな日常生活を送るという価値実現への施策・具体的な制度であり、そこには制度を活用して社会福祉と言われる理想や施策を利用者の生活の中に具体化する事が必要であり、その為に人間の社会生活を支援する実践活動という専門的な行為がどうしても必要になる。この科学的な方法を社会福祉援助活動(ソーシャルワーク)と呼び、その活動の具体的な展開過程で駆使される手段を社会福祉援助技術と呼んでいるのである。
    社会福祉援助技術は①直接援助技術、②間接援助技術、③関連援助技術から成っている。それぞれにまとめる。
    ①直接援助技術
    直接援助技術は、個別援助技術(ケースワーク)と集団援助技術(グループワーク)から成り立っている。まずはケースワークについて述べる。
    ケースワークは、利用者(クライエント)が自らの立場から環境を調整し、社会福祉諸サービスの提供を通じ、科学的な過程を積み上げながら抱えている問題の克服や課題解決を出来るよう支援するものである。これは、利用者と援助者とが解決すべき問題を明らかにし、援助の手順と目標について両者が確認する「インテーク(受理)」から始まる。インテークから始まるケースワークの過程は「アセスメント(事前評価)」「プランニング(目標設定)」「インターベンション(介入)」と展開する。
    続くアセスメントでは、援助の開始に当たっての事前評価である。様々な問題の中から、援助対象となる問題を選定する為に、資料の収集と分析が行われる。問題の中には、開始時に持ち込んだ問題と異なる場合もあるので、全体状況について詳しく分析する。
    プランニングでは、援助の具体的方法を選定し、計画・目標を設定する。援助者は、自身の問題解決を積極的に行う為に、クライエントに参加を促し、問題意識を持たせる。問題認識をし、自ら問題解決方法を選択しなければ、解決意欲を持つことは難しい。
    そして、インターベンションへと展開する。これは援助の介入を意味し、問題解決のみならず利用者を取り巻く環境や、利用者・援助者の相互関係について表しているものである。問題解決は利用者自身によって行われ、援助者は専門的立場からそれを側面から支援する。利用者の援助者に対する依存的関係はそこには無く、援助者が利用者を擁護する姿勢から生まれる信頼関係によって形成されているのである。
    次に、グループワークについてまとめる。グループワークは、利用者と援助者が協働で参加する小グループの中で、交流しながら相互に課題解決をしていく援助技術の事を言う。
    グループワークは「準備期」「開始期」「作業期」「終結期」と展開する。
    「準備期」は、参加利用者の選択に始まり、それぞれの利用者の情報・問題・課題の把握、援助内容の確認等、これから展開するであろう流れを予測する時期である。
    「開始期」は、援助者が利用者に自己紹介・援助者の役割を伝えた後、集団の目的・援助活動の計画・内容・役割・約束事等を確認しながら、利用者が集団に馴染み易い様に働き掛けて行く。
    「作業期」は、利用者が個人・グループの課題に取り組み、展開し、目的達成の為に明確な成果が出るように進めて行く時期である。集団内での個人の心理的交流で、対人的な結びつきが強まり、集団の目標と個人の目標が一致し、集団独特の行動や物の考え方が生まれ、相互作用によりメンバーそれぞれから同一目標へ向かったものが生み出される。援助者は、個々人の目標を明らかにし、関心事を把握しながら観察・理解・受容・指示をし、具体的な目標を明らかにして

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉援助の技術と援助過程について述べよ」
        社会福祉とは、利用者が幸せな日常生活を送るという価値実現への施策・具体的な制度であり、そこには制度を活用して社会福祉と言われる理想や施策を利用者の生活の中に具体化する事が必要であり、その為に人間の社会生活を支援する実践活動という専門的な行為がどうしても必要になる。この科学的な方法を社会福祉援助活動(ソーシャルワーク)と呼び、その活動の具体的な展開過程で駆使される手段を社会福祉援助技術と呼んでいるのである。
    社会福祉援助技術は①直接援助技術、②間接援助技術、③関連援助技術から成っている。それぞれにまとめる。
    ①直接援助技術
    直接援助技術は、個別援助技術(ケースワーク)と集団援助技術(グループワーク)から成り立っている。まずはケースワークについて述べる。
    ケースワークは、利用者(クライエント)が自らの立場から環境を調整し、社会福祉諸サービスの提供を通じ、科学的な過程を積み上げながら抱えている問題の克服や課題解決を出来るよう支援するものである。これは、利用者と援助者とが解決すべき問題を明らかにし、援助の手順と目標について両者が確認する「..

    コメント7件

    ronkun 購入
    簡潔にまとまっていて理解しやすい。
    2007/01/30 9:03 (9年10ヶ月前)

    hiyoshi226 購入
    よくまとまっていました
    2007/03/28 6:14 (9年8ヶ月前)

    a341224232 購入
    簡潔です
    2007/04/26 7:19 (9年7ヶ月前)

    h060098 購入
    無駄が無くよかったです。
    2007/07/25 2:47 (9年4ヶ月前)

    yoshinori 購入
    good
    2007/09/24 0:58 (9年2ヶ月前)

    future 購入
    いい感じです。
    2007/09/30 20:55 (9年2ヶ月前)

    みん 購入
    ありがとうございました。
    2007/10/04 13:14 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。