人格形成に及ぼす環境要因とその役割について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,275
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「人格」とは一般的に個人を特徴付けている全体的な行動様式を指す。そして、その人格を形成するのに関わる要因は個体的要因、遺伝的要因、そして環境的要因によるものと考えられる。
    今回「環境的要因」について詳しく述べるのだが、その前に個体的要因、遺伝的要因による人格形成についても軽く触れたいと思う。
    「個体的要因」によるものとしては、身体器官の機能がバランスを崩すことによってイライラしたり、抑鬱的な状態になったり、疲れ易く動作が緩慢になったりするのである。また、自分の容姿や体格についても他人と比較して、優劣感を抱くようになる可能性もあり、その事が二次的な影響を与え得るのである。
    次に「遺伝的要因」であるが、遺伝的要因の「遺伝」とは、生物の形質が遺伝子によって、親から子へ、或いは細胞から次の世代の細胞へ伝達される事である。よって「遺伝的要因」によるものは、上記の要因により人格が形成される事を指すのである。
    人格を形成する要因として、遺伝と環境のどちらによる影響が大きいのか、様々な研究が行われてきた。その中で一卵性双生児、二卵性双生児の知能・外向性・創造性・神経質・興味等について調査をしたものがあるが、その結果、遺伝・環境のどちらか一方ではなく、相互作用によるものではないかと考えられている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「人格形成に及ぼす環境要因とその役割について述べよ。」
    「人格」とは一般的に個人を特徴付けている全体的な行動様式を指す。そして、その人格を形成するのに関わる要因は個体的要因、遺伝的要因、そして環境的要因によるものと考えられる。
     今回「環境的要因」について詳しく述べるのだが、その前に個体的要因、遺伝的要因による人格形成についても軽く触れたいと思う。
     「個体的要因」によるものとしては、身体器官の機能がバランスを崩すことによってイライラしたり、抑鬱的な状態になったり、疲れ易く動作が緩慢になったりするのである。また、自分の容姿や体格についても他人と比較して、優劣感を抱くようになる可能性もあり、その事が二次的な影響を与え得るのである。
     次に「遺伝的要因」であるが、遺伝的要因の「遺伝」とは、生物の形質が遺伝子によって、親から子へ、或いは細胞から次の世代の細胞へ伝達される事である。よって「遺伝的要因」によるものは、上記の要因により人格が形成される事を指すのである。
    人格を形成する要因として、遺伝と環境のどちらによる影響が大きいのか、様々な研究が行われてきた。その中で一卵性双生児、二卵性双生児の..

    コメント1件

    yoshinori 購入
    good!
    2006/09/10 10:28 (10年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。