社会保障の役割と機能について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,041
ダウンロード数68
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会保障制度とは、疾病、負傷、分娩、廃疾、死亡、老齢、失業、多子その他の困窮の原因に対して、保険的方法又は、直接公の負担において経済保障を行い、生活困窮に陥った者に対しては、国家扶助により最低限度の生活を保障すると共に、公衆衛生及び社会福祉の向上を図り、全ての国民が文化的社会の一員たるに値する生活を営む事が出来る様にする事を言うのである。日本国憲法第25条、生存権の「全ての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という考えを基に対象を国民全体として保障・支援する事としている。
    社会保障は何らかの理由で生活の基盤である所得を失ったり、病気の為にその所得が減少・中断した時に、最低限度の所得の保障をする事で生活が極度に貧困化しない様な機能を持つものである。これは見方によっては、貧困という社会問題への解決策でもあり、国の経済を円滑に進める為の働きでもある。
    そもそも社会保障という考え方は、世界レベルで見ると、1601年にイギリスで救貧対策として制定された「エリザベス救貧法(後の旧救貧法)」を更に発展させた「公的扶助」と、19世紀にドイツのビスマルクにより、防貧政策として導入された「社会保険」、「揺り籠から墓場まで」という考えを提唱した「ベヴァリッジ報告」、ラロックによる「社会保障プラン(ラロック・プラン)」等の考えから第二次世界大戦後に生まれたものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会保障の役割と機能について」
    社会保障制度とは、疾病、負傷、分娩、廃疾、死亡、老齢、失業、多子その他の困窮の原因に対して、保険的方法又は、直接公の負担において経済保障を行い、生活困窮に陥った者に対しては、国家扶助により最低限度の生活を保障すると共に、公衆衛生及び社会福祉の向上を図り、全ての国民が文化的社会の一員たるに値する生活を営む事が出来る様にする事を言うのである。日本国憲法第25条、生存権の「全ての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という考えを基に対象を国民全体として保障・支援する事としている。
    社会保障は何らかの理由で生活の基盤である所得を失ったり、病気の為にその所得が減少・中断した時に、最低限度の所得の保障をする事で生活が極度に貧困化しない様な機能を持つものである。これは見方によっては、貧困という社会問題への解決策でもあり、国の経済を円滑に進める為の働きでもある。
    そもそも社会保障という考え方は、世界レベルで見ると、1601年にイギリスで救貧対策として制定された「エリザベス救貧法(後の旧救貧法)」を更に発展させた「公的扶助」と、19世紀にドイツのビスマル..

    コメント7件

    kaito0514 購入
    ありがとうございます。
    2006/11/07 18:16 (10年1ヶ月前)

    shoutasasaki 購入
    参考になりました
    2006/11/21 21:52 (10年前)

    khagigi0104 購入
    まあまあよかった
    2007/01/30 10:13 (9年10ヶ月前)

    sakuma 購入
    参考になりました
    2007/04/20 20:39 (9年7ヶ月前)

    chaosknight6 購入
    ありがとうございました
    2007/05/06 17:40 (9年7ヶ月前)

    ty0628 購入
    参考になりました。
    2007/07/02 15:09 (9年5ヶ月前)

    tarochan 購入
    まとまりがよかった。
    2007/07/29 13:57 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。