地域福祉の概念規定における機能的アプローチと構造的アプローチについて述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,124
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地域福祉の概念を断言する事は難しい。それは「地域福祉」という言葉がとても大きなものを意味しているからである。その中でも私は「誰もが住み慣れた地域の中で、自立した生活を送って行けるような環境を維持して行く事」が中心にあるのだと考える。戦前の日本の農村社会では顔馴染みで構成された地域社会があった。血縁・地縁で強く結ばれたその人間関係は、あらゆる面でお互い助け合いながら生活していた。それが戦後、都市化・核家族化等の要因により顔馴染みの関係が崩れ出し、現在では隣人がどの様な人か知らない、という事が珍しくない状況である。我が家には小さな子供がいる為、それを山車にして近所と付き合いをして、多少の事は助け合っているが、戦前の農村社会のそれとは程遠い形ばかりの付き合いである。
    本来は家族・地域住民、そこにボランティアを加えたインフォーマルな関係で何不自由無く生活を続ける事が可能であれば良いのだが、社会集団の機能が弱っている現在、公的機関が行う制度としてのフォーマルな地域福祉活動が必要となって来るのだ。その地域福祉活動とは住民活動・ボランティア活動・NPO活動他様々な分野から行われており、これらを地域福祉の持つ構造面、機能面からそれぞれ補いながら成り立っているアプローチで「構造的アプローチ」と「機能的アプローチ」に分けられている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「地域福祉の概念規定における機能的アプローチと構造的アプローチについて述べよ。」
    地域福祉の概念を断言する事は難しい。それは「地域福祉」という言葉がとても大きなものを意味しているからである。その中でも私は「誰もが住み慣れた地域の中で、自立した生活を送って行けるような環境を維持して行く事」が中心にあるのだと考える。戦前の日本の農村社会では顔馴染みで構成された地域社会があった。血縁・地縁で強く結ばれたその人間関係は、あらゆる面でお互い助け合いながら生活していた。それが戦後、都市化・核家族化等の要因により顔馴染みの関係が崩れ出し、現在では隣人がどの様な人か知らない、という事が珍しくない状況である。我が家には小さな子供がいる為、それを山車にして近所と付き合いをして、多少の事は助け合っているが、戦前の農村社会のそれとは程遠い形ばかりの付き合いである。
    本来は家族・地域住民、そこにボランティアを加えたインフォーマルな関係で何不自由無く生活を続ける事が可能であれば良いのだが、社会集団の機能が弱っている現在、公的機関が行う制度としてのフォーマルな地域福祉活動が必要となって来るのだ。その地域福祉活動とは..

    コメント1件

    ty0628 購入
    参考になりました。
    2007/07/02 15:09 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。