小学校教科(体育) 「学校教育における体育科の役割」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,111
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    移住生活から定住生活へとその様式を変化してから人類は、ほかの生物とたもとを分かち、本来の自然の中での生活の代わりにまったく新しい環境を自ら創造し、生活していくことになる。このような生活の変化ははたして人間の心身にどのような影響を及ぼしているのであろうか。また、心身の健康ということを考えたとき、学校教育における体育科はどのような役割を果たすべきなのだろうか。
    もともとは人間も自然の一部であり、ほかの動物と同様に与えられた環境の中で生活をしていた。現在の文明社会の環境での生活が必ずしも人間という動物にとって適しているとはいえない。むしろ生態学的にみれば、移住生活での移動に伴う運動がなくなったことにより身体運動が質的、量的に退化してしまったといえる。つまり、人間は自然を変えずに生活するほうが生態学的身体としては適しており、快適さを求めて作り出した文明のうえでの生活のほうが、健康を保つためにはマイナスであると考えられる。
    また、今世紀に入ってからの医薬品や医学の発達はめざましく、病気からの影響は少なくなってきた。薬や医療によって身体と感情の反応を抑えることすらできるようになった。しかし、新薬の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。