(教科)音楽 「音楽鑑賞の意義」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数856
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    音楽を鑑賞することが鑑賞者にどのような効果を与え、内的あるいは外的に影響を与えるのかを考えてみたい。
    まず、鑑賞経験を積むことにより感覚的な聴き方から、音楽美の内面にふれ味わおうとする聴き方に進んでいくき、純粋な美を感じ分けられる感性が磨かれてくる。そして、楽曲を深く理解し鑑賞経験をより高次なものにしていき、音楽に接する喜びが美的感動へと変わっていく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    音楽を鑑賞することが鑑賞者にどのような効果を与え、内的あるいは外的に影響を与えるのかを考えてみたい。
    まず、鑑賞経験を積むことにより感覚的な聴き方から、音楽美の内面にふれ味わおうとする聴き方に進んでいくき、純粋な美を感じ分けられる感性が磨かれてくる。そして、楽曲を深く理解し鑑賞経験をより高次なものにしていき、音楽に接する喜びが美的感動へと変わっていく。
    また、具体的な効果として次のようなことがあげられる。
    ・音楽により緊張を弛緩させる。
    ・不活発なものを元気づける。
    ・精神の不安を平静にもどす。
    ・生命力を昂進する。
    ・想像力を豊かにする。
    ・直観力と感覚面を覚醒する。
    ・感受性を高める。
    ・..

    コメント1件

    sayakaiteki 購入
    もう少し踏み込んだ内容でないと、現実問題大学レベルで通用しないのでは?と思った。講義後の感想文のような感じがした。
    2007/03/18 16:03 (9年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。