情報システム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数660
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『情報システムにおける基本概念の変遷について、コンピュータのハード・ソフトウェアの発展と関連させて論述せよ。』
     コンピュータを用いた情報システムのなかでも、もっともポピュラーなのは企業で使われている情報システムである。1960年代に一般企業へコンピュータが導入されるようになって以来、企業情報システムは時代の変化とともに、図1のように、EDPS、MIS、DSS、SIS、BPRなどというさまざまな用語で説明されてきた。ここでは、企業システムを、組織、戦略、ネットワークという3つの側面から情報システムの基本概念の変遷を説明していきたい。
     企業組織の最も一般的な形態は、経営者、管理者、一般社員の順のピラミッド型の職能別組織と呼ばれる階層型組織である。この職能別組織の階層構造の枠組みから、各職能と企業情報システムの関連性を見ていきたい。
     1960年代の企業情報システムに対してよく使われた言葉がEDPS(電子データ処理システム)であった。目的は、コンピュータを用いた事務作業の統合的機械化である。コンピュータはプログラム次第で、タイプライタにも計算機にも、あるいは印刷機にもなりうる機械である。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。