医療をめぐる法律問題について。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,051
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近年、医師と患者の関係について多くの議論がなされている。従来の医療において、患者にとって医師はまさに「先生」であり、医療は恩恵的・権威主義的なものであった。医師は患者に医療を与えてやるという色彩が強く、患者側から意見をすることや、多く質問をすることは許されないような空気さえも流れていた。この関係において、患者がどういった医療を受けるかは、医師が一方的に判断するものであり、患者は自分のことであるにもかかわらず医師の言いなりになっていた。そこで、近年では患者の立場に立った適切な医療を実現するために、そういった医師と患者の関係を見直そうといった動きが活発になってきている。
    医師と患者の関係においての変化の現れの代表的なものは、「患者の権利」に関する考え方の変化である。従来の日本の医療は医師の権威主義的なものであり、患者は医師にすべてを「おまかせ」する場合がほとんどであった。しかし近年では医療の高度化、複雑化、分業化、産業化や、患者数の増大などを契機に様々な問題がとりざたされるようになった。そういった問題を解決するために医療における患者の主体的な地位や権利を尊重することにより、適切な医療の実現を図る必要性が叫ばれるようになってきた。
    「患者の権利」を守るといったとき、「患者の自己決定権」や「インフォームドコンセント(説明を受けた上での同意)」ということがよく言われる。患者の自己決定権とは、患者が自らの「知る権利」の上に、診療上の最終的な決定権を患者自らが持つ権利である。この権利により、患者は医療過程において主体的な地位を確立することができる。そして、患者が自らの医療過程に関する判断をするためには、その診療行為の内容や危険性などの説明を受けることが前提になる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療をめぐる法律問題について。
     →近年、医師と患者の関係について多くの議論がなされている。従来の医療において、患者にとって医師はまさに「先生」であり、医療は恩恵的・権威主義的なものであった。医師は患者に医療を与えてやるという色彩が強く、患者側から意見をすることや、多く質問をすることは許されないような空気さえも流れていた。この関係において、患者がどういった医療を受けるかは、医師が一方的に判断するものであり、患者は自分のことであるにもかかわらず医師の言いなりになっていた。そこで、近年では患者の立場に立った適切な医療を実現するために、そういった医師と患者の関係を見直そうといった動きが活発になってきている。
     医師と患者の関係においての変化の現れの代表的なものは、「患者の権利」に関する考え方の変化である。従来の日本の医療は医師の権威主義的なものであり、患者は医師にすべてを「おまかせ」する場合がほとんどであった。しかし近年では医療の高度化、複雑化、分業化、産業化や、患者数の増大などを契機に様々な問題がとりざたされるようになった。そういった問題を解決するために医療における患者の主体的な地位や権利..

    コメント3件

    clala619 購入
    参考になりました。
    医療費会社の意味がわからなかったです。
    2006/12/20 21:31 (10年前)

    ocyamu0507 購入
    ありがとうございます。
    2006/12/26 23:10 (10年前)

    yodachman 購入
    ありがとうございます
    2007/07/10 10:39 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。