スメルサーの集合行動の理論について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,284
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    スメルサーの集合行動の理論について述べよ。

    「暴動」や「熱狂」などの特異な社会的行動について多くの学者が関心を向けたが、G・ル・ボンはそういった行動を「共通の特性を持つもの」とし、1つの領域に属する事象として把握・分析した最初の社会学者であった。
    ル・ボンは19世紀末を「群衆の時代」とし「群衆」の野蛮で愚かな心理特性を詳細に分析し、「政治家」たちへの方便を提供した。彼の言う「群衆」とは、個人の意識にとってかわった「集団的精神」に支配され、その精神を体現した指導者に屈服している諸個人の集合体を意味する。ル・ボンは、エリート階層の代弁者として、貴族主義的な立場から「群衆」を「個人」よりも劣った非合理的な存在とみなし、その著作「群衆」にちりばめられた群衆操縦法は民衆支配のテキストにもなったといわれる。
    集合行動の概念を最初に定義したR・E・パークとE・W・バージェスによると、集合行動の基本となるのは「社会的不安」である。ある個人に発生した不安が循環的に社会に広がると、無目的な「ミリング」という行動をとるようになり、そこから集合行動が生じてくる。この領域で大きな影響を与えたH・ブルーマーは、人々の集合体を次のように分類した。
    (1)群集
    「日常的群衆」:街頭で一時的に形成される集団
    「習慣的群衆」:野球観戦・観劇の観客
    「活動的群衆」:革命やリンチに加わる攻撃的な集団
    「表出的群集」:踊りなど、肉体的開放感を味わう集団
    (2)公衆
    なんらかの争点をめぐって形成される無定形な集合体。
    (3)大衆
    「大衆的行動」に参加する無定形な人々。あらゆる社会層からでた匿名で、相互作用や経験の高官がほとんど行われない、ゆるやかに組織された人々。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    スメルサーの集合行動の理論について述べよ。
     →
     「暴動」や「熱狂」などの特異な社会的行動について多くの学者が関心を向けたが、G・ル・ボンはそういった行動を「共通の特性を持つもの」とし、1つの領域に属する事象として把握・分析した最初の社会学者であった。
     ル・ボンは19世紀末を「群衆の時代」とし「群衆」の野蛮で愚かな心理特性を詳細に分析し、「政治家」たちへの方便を提供した。彼の言う「群衆」とは、個人の意識にとってかわった「集団的精神」に支配され、その精神を体現した指導者に屈服している諸個人の集合体を意味する。ル・ボンは、エリート階層の代弁者として、貴族主義的な立場から「群衆」を「個人」よりも劣った非合理的な存在とみなし、その著作「群衆」にちりばめられた群衆操縦法は民衆支配のテキストにもなったといわれる。
     集合行動の概念を最初に定義したR・E・パークとE・W・バージェスによると、集合行動の基本となるのは「社会的不安」である。ある個人に発生した不安が循環的に社会に広がると、無目的な「ミリング」という行動をとるようになり、そこから集合行動が生じてくる。この領域で大きな影響を与えたH・ブル..

    コメント3件

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2007/05/07 10:04 (9年7ヶ月前)

    bigcastle732 購入
    参考になりました
    2007/07/08 14:08 (9年5ヶ月前)

    akim28 購入
    参考になりました
    2007/09/13 10:06 (9年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。