前期自然主義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数978
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    一、フランスと自然主義


    ? 十九世紀フランスの時代背景
    自然主義の祖といわれるゾラの生きた十九世紀フランスは、ダーウィンの「進化論」、コントの「社会科学的方法としての実証主義」など自然科学の発展が進んでいた。また、経済・社会面においても産業革命の完成期を迎えており、力をつけたブルジョワジーの台頭、産業の発展と共に層が厚くなり労働者の権利を主張し始めたプロレタリアート達の団結、そしてこれら二階級の対立があり、その根底にはナポレオン三世の即位から退位までの「第二帝日本政」が絡んでいる。そのため、経済・社会面のみならず、その思想においてもそれぞれの階級の思惑が混在した時代にあった。


    ? フランス自然主義の誕生
    当時の時代風潮と、フランス写実主義の創始者であったフローベルの影響を受けたゾラは、自身の生きている時代を【科学の時代】として捉え、それに相応しい創作理論を求めようとした。こうして生まれたのが自然主義である。彼は、「人間は時代と環境と遺伝によって決定されるもの」と考え、「真実(ありのままの事実)」に近づこうとした。そのために、彼はそういった思想をそのまま文字にするのではなく、その思想に理論づけを多量の記録を基にしながら著した。それはあたかも化学者が試験管の中の、物質の化学反応を観察するように、様々な社会環境の中の人間行動や性情の変化を冷静に観察するような人物や事物の描写を、印象に従って視覚的に追うことで表現されている。また内容においても、人間の、ありのままの姿(動物性・獣性)をそのまま描いている。
    これらの方法によって、文学に実践されているのが、彼の代表作、『ルーゴン=マッカール叢書―第二帝政期における一族の自然的・社会的歴史―』である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [日本文学史 前期自然主義について]
    一、フランスと自然主義
    ① 十九世紀フランスの時代背景
    自然主義の祖といわれるゾラの生きた十九世紀フランスは、ダーウィンの「進化論」、コントの「社会科学的方法としての実証主義」など自然科学の発展が進んでいた。また、経済・社会面においても産業革命の完成期を迎えており、力をつけたブルジョワジーの台頭、産業の発展と共に層が厚くなり労働者の権利を主張し始めたプロレタリアート達の団結、そしてこれら二階級の対立があり、その根底にはナポレオン三世の即位から退位までの「第二帝日本政」が絡んでいる。そのため、経済・社会面のみならず、その思想においてもそれぞれの階級の思惑が混在した時代にあった。
    ② フランス自然主義の誕生
    当時の時代風潮と、フランス写実主義の創始者であったフローベルの影響を受けたゾラは、自身の生きている時代を【科学の時代】として捉え、それに相応しい創作理論を求めようとした。こうして生まれたのが自然主義である。彼は、「人間は時代と環境と遺伝によって決定されるもの」と考え、「真実(ありのままの事実)」に近づこうとした。そのために、彼はそういった思想をその..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。