インターネット不況についての考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数328
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.問題提起
    (1)経済時代の変化 ― ニューエコノミーの到来
    経済時代の変化
    ―ニューエコノミーの時代へ
    各経済時代はそれぞれ特有の災禍に苦しめられるのが通常である。農業経済から工業経済に移行して以来、人は経済成長を制御し、予測できるようになった。しかし、新しい経済変動が常に繰り返し引き起こされる。工業経済の次は市場経済であった。これに対しては、エコノミストが台頭することでその不安定性を管理した。そして今、ハイテク革命とグローバリゼーションに基づきニューエコノミーの時代が形成されている。
    ニューエコノミーの本質と問題
    <本質>
    ニューエコノミーの本質は、大規模な技術革新・事業革新を発見し、それに資金を提供する組織的な市場メカニズムの発達に依拠する。これは以下から構成される。
    ・年金基金や大規模投資家の資金を新事業に導入するベンチャーキャピタルファンド
    ・新規企業の株式公開を簡単にする株式取引所
    ・リスクを取る洗練された資本の大きなプール
    ・ストックオプションなどを利用する熟練労働者グループ
    これらの特徴を持つ組織的な市場メカニズムは新規事業会社に成長のチャンスを与える。こうした新規事業会社の成長が見込まれるがために、既存企業も遅れを取らぬよう一段と投資してイノベーションを加速度的に行う。
    <問題点>
    ニューエコノミーの問題点は、技術革新・事業革新の過程が経済全体の通常のリズムを増幅する点である。つまり、ニューエコノミーのテクノロジー循環が景気循環に取って代わるのだ。これにより加速度的に景気が上昇するが、その後、加速度的に景気が下降する。そして、負のスパイラルは強力であり、株式市場や労働市場などに悪い影響を与えるとともに、それをグローバルに伝染させる。これがインターネット不況である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問題提起
    経済時代の変化 ― ニューエコノミーの到来
    経済時代の変化
    ―ニューエコノミーの時代へ
    各経済時代はそれぞれ特有の災禍に苦しめられるのが通常である。農業経済から工業経済に移行して以来、人は経済成長を制御し、予測できるようになった。しかし、新しい経済変動が常に繰り返し引き起こされる。工業経済の次は市場経済であった。これに対しては、エコノミストが台頭することでその不安定性を管理した。そして今、ハイテク革命とグローバリゼーションに基づきニューエコノミーの時代が形成されている。
    ニューエコノミーの本質と問題
    <本質>
    ニューエコノミーの本質は、大規模な技術革新・事業革新を発見し、それに資金を提供する組織的な市場メカニズムの発達に依拠する。これは以下から構成される。
    ・年金基金や大規模投資家の資金を新事業に導入するベンチャーキャピタルファンド
    ・新規企業の株式公開を簡単にする株式取引所
    ・リスクを取る洗練された資本の大きなプール
    ・ストックオプションなどを利用する熟練労働者グループ
    これらの特徴を持つ組織的な市場メカニズムは新規事業会社に成長のチャンスを与える。こうした新規事業会社の成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。