間接援助技術の必要性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数717
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「間接援助技術の必要性、今後の課題について述べよ。」
    1 間接援助技術とは
    間接援助技術とは、地域福祉という地域ぐるみの支援体制づくり、社会福祉援助技術の促進や直接援助技術を有効に活用するための方法の総称である。
     間接援助技術は、①地域援助技術、②社会福祉調査法、③社会福祉運営管理、④社会活動法、⑤社会福祉計画法の五つの方法から成り立っており、利用者への直接援助技術と併用、または統合されて実践的効果を発揮する援助技術と考えられている。
     以下で、間接援助技術の五つの方法についてまとめ、その必要性について述べる。
    2 地域援助技術(コミュニティーワーク)
     地域援助技術とは、住民のニーズに応えて課題を解決し、社会福祉の増進のために住民や公私の機関・団体との連携や組織化、地域社会のニーズの把握、社会資源の開発、社会福祉計画の立案や運営管理を通じ、社会福祉的な地域社会作りを目指している。つまり、社会福祉調査法・社会福祉運営管理・社会活動法・社会福祉計画法を包括した援助技術である。
     住民参加や専門家の支援はもちろん、民間や行政機関の参画と協働の上に成り立つ活動であるが、そこには三つの焦点..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。