福祉国家の思想と原理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,004
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート福祉学福祉福祉国家思想

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    福祉国家とは「すべての国民に健康で人間らしい文化的最低限度の生活を保障しようとする国家」である。第二次世界大戦中はナチスの「戦争国家」、そして戦後には「社会主義国家」と対比する意味で市民的自由を守りつつ国民生活の保障のために積極的に関与する、先進資本主義国の国家のあり方を示す言葉として使われるようになった。
    しかし、社会福祉は社会主義国・共産主義国でも存在するのであって、社会福祉の理念は資本主義国のみに当てはまるものではない。それは「生存権:人間らしく生きる権利とその保障」であり、すべての「国家」の義務である。この理念が、福祉国家における個人と国家の関係を考える上での原点となるのではないだろうか。
     世界で初めて福祉国家と呼ばれるようになった国は第二次世界大戦後のイギリスである。1942年、イギリスの経済学者ウィリアム・ヘンリー・ベヴァリッジが「社会保険および関連事業に関する報告書」いわゆる「ベヴァリッジ報告」を発表し、イギリス政府によって戦後の社会保障・社会福祉に関する国家的基本設計図として取り上げられた。「ゆりかごから墓場まで」、全ての国民の幸福を保障しようとする国家的福祉計画の具体化の始まりである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「福祉国家の思想と原理について」
     福祉国家とは「すべての国民に健康で人間らしい文化的最低限度の生活を保障しようとする国家」である。第二次世界大戦中はナチスの「戦争国家」、そして戦後には「社会主義国家」と対比する意味で市民的自由を守りつつ国民生活の保障のために積極的に関与する、先進資本主義国の国家のあり方を示す言葉として使われるようになった。
    しかし、社会福祉は社会主義国・共産主義国でも存在するのであって、社会福祉の理念は資本主義国のみに当てはまるものではない。それは「生存権:人間らしく生きる権利とその保障」であり、すべての「国家」の義務である。この理念が、福祉国家における個人と国家の関係を考える上での原点となるのではないだろうか。
     世界で初めて福祉国家と呼ばれるようになった国は第二次世界大戦後のイギリスである。1942年、イギリスの経済学者ウィリアム・ヘンリー・ベヴァリッジが「社会保険および関連事業に関する報告書」いわゆる「ベヴァリッジ報告」を発表し、イギリス政府によって戦後の社会保障・社会福祉に関する国家的基本設計図として取り上げられた。「ゆりかごから墓場まで」、全ての国民の幸..

    コメント1件

    yuuki407 購入
    参考になりました
    2007/10/15 7:59 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。