バイステックの7原則の意義とその限界について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,806
ダウンロード数42
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ケースワークの原則としては、F・バイスデックによる7つの原則が代表的なものである。バイステックは、援助を必要としているクライエントの基本的な欲求として7つの項目を取り上げ、この欲求に答えるケースワーカーの対応を原則化した。これは、いずれも非常に意味深いものであり、現場実践を伴う者は肝に銘じておかねばならない。
    一般に原則と呼ばれるものは、建前として祭り上げられて 「実践は、そんなきれいごとでは済まない」という言い方で無視される危険性を常にはらんでいる。忘れてはならないことは、原則をしっかりと頭と心にとどめ、日常の実践では、この原則に近づく努力を続けることである。原則をしっかりと理解し、これを 「理想論だ」と片付けるのではなく、これに無限に近づく努力を続けることが実践家として求められる基本的態度である。バイステックがケースワーク関係の原則としてあげたのは以下の7点である。
    1個別化の原則:人格的差違のある特定の人間として取り扱われたいというクライエントの欲求への対応。2意図的な感情表出の原則:クライエントはその感情を、否定的感情も含めて自由に表出する必要性があることへの対応。3統制された情緒関与の原則:クライエントの表出する感情の意味を理解し、それに対する意図的で適切な対応。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ケースワークの原則としては、F・バイスデックによる7つの原則が代表的なものである。バイステックは、援助を必要としているクライエントの基本的な欲求として7つの項目を取り上げ、この欲求に答えるケースワーカーの対応を原則化した。これは、いずれも非常に意味深いものであり、現場実践を伴う者は肝に銘じておかねばならない。
    一般に原則と呼ばれるものは、建前として祭り上げられて 「実践は、そんなきれいごと
    では済まない」という言い方で無視される危険性を常にはらんでいる。忘れてはならない
    ことは、原則をしっかりと頭と心にとどめ、日常の実践では、この原則に近づく努力を続
    けることである。原則をしっかりと理解し、これを 「理想論だ」と片付けるのではなく、
    これに無限に近づく努力を続けることが実践家として求められる基本的態度である。バイ
    ステックがケースワーク関係の原則としてあげたのは以下の7点である。
    1個別化の原則:人格的差違のある特定の人間として取り扱われたいというクライエントの欲求への対応。2意図的な感情表出の原則:クライエントはその感情を、否定的感情も含めて自由に表出する必要性があることへの対応。3..

    コメント5件

    kouwa1204 購入
    非常に参考になりました。
    2006/08/30 18:38 (10年3ヶ月前)

    yaichi1217 購入
    参考にさせて頂きます。
    2006/09/28 23:35 (10年2ヶ月前)

    ronkun 購入
    非常に参考になりました。
    2007/02/27 10:42 (9年9ヶ月前)

    yukitomo 購入
    非常に勉強になりました。
    2007/04/24 8:16 (9年7ヶ月前)

    kobashiru 購入
    参考になりました
    2007/07/26 5:42 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。