教育相談の研究 試験対策 学習ノート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数2,280
ダウンロード数69
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <内容>
    ■ カウンセリングの種類を挙げて、それぞれの理論や方法について比較検討しなさい。
    ■ 教師カウンセラーとスクールカウンセラーそれぞれの長所(メリット)と限界について考察しなさい。
    ■ 現代の子どもたちは、仲間同士の人間関係が希薄になっていると言われるが、その原因と考えられることを述べ、学校教育全般にわたる対応策について論じなさい。
    ■ 現代の社会や学校において、カウンセリングがますます重視されるようになってきている背景や原因について考察しなさい。
    ■ 非行をしている子どもの心理と、学校や家庭における指導の在り方を述べなさい。
    ■ 不登校について、そのタイプ別に学校及び家庭における対応(指導)の在り方を述べなさい。
    ■ カウンセリングの種類を挙げて、それぞれの理論や方法について比較検討しなさい。
    ①治癒的カウンセリング
    対象は、主に神経症(ノイローゼ)の患者
    神経症とは、自分自身にとって症状は苦しい悩みであり(苦悩)
          自分は病気であるという意識があり(病識)
          その病気の原因は自分自身にあると思うが(洞察力)、原因は自分にはわからない
          日常生活に支障をきたすので、なんとか治療したい(治療意欲)
    神経症の例 ・社会恐怖(対人恐怖)…人前で話したり字を書くとき震えてしまう
          ・不潔恐怖…不潔を極端に嫌悪し、何度も手を洗う
    原因がわからないのは、自分の無意識の中に原因があるから
    無意識を意識化して原因を明らかにする
    意識化されれば自分で症状をコントロールすることができるようになる
    (無意識は、フロイトが導入した概念。行動は、意識された行動のみでなく、無意識に影響される行動が多い…言い間違い、読み違い、物忘れなど)
    カウンセラーはクライエントに対して、専門的な知識と技術を用いて、症状や病気を治癒する
    自由連想法や夢分析 無意識の意識化 リラックスした状態で頭に浮かんでくることをそのまま話す
    カウンセラーが解釈をしながらクライエントの洞察をうながす
    主に、成人した大人が対象 基本的にイド・自我・超自我の大小関係は固定したまま
    自我における意識・無意識の関係において治療したほうがよい
    ②発達援助的カウンセリング
    子どもは、イド・自我・超自我の心的構造が流動的、発達的
    子どもの症状や問題行動は、心的構造がアンバランスであるため←修復がカウンセリングの目的
    クライエント中心療法が中心
    自我の発達が未熟な場合には、受容や共感などいわゆるカウンセリング・マインドをベースにした受容的カウンセリングが良い
    まずは、子どもの気持ちを充分に理解し、子どもの自己表現を大切にする
    超自我の発達が未熟な場合は
    教育的カウンセリング 子どもを言葉を交わして、社会的にも道徳的にもどのような行動が望ましいかを子どもの考えを中心に相談する 注意点:評価をしない
    イド:性的衝動や攻撃衝動からなり、衝動の満足を目指す無意識的エネルギー(リビドー)の貯蔵庫。
    自我:イドの要求と現実社会を把握し、自分の行動を決定する役割
       現実社会に受け入れられる形での衝動の満足法を探したり、欲求の充足を延期したりして
       人格の安全を図る部分。
    超自我:内在化された道徳的命令。本能欲求の充足を禁止する。自我を監視している
    ■ 教師カウンセラーとスクールカウンセラーそれぞれの長所(メリット)と限界について考察しなさい。
    教師カウンセラー スクールカウンセラー <長所>
    ・授業や教科外活動など、さまざまな面で生徒を把握できる。
    ・相談の場以外でも信頼関係を

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <内容>
    ■ カウンセリングの種類を挙げて、それぞれの理論や方法について比較検討しなさい。
    ■ 教師カウンセラーとスクールカウンセラーそれぞれの長所(メリット)と限界について考察しなさい。
    ■ 現代の子どもたちは、仲間同士の人間関係が希薄になっていると言われるが、その原因と考えられることを述べ、学校教育全般にわたる対応策について論じなさい。
    ■ 現代の社会や学校において、カウンセリングがますます重視されるようになってきている背景や原因について考察しなさい。
    ■ 非行をしている子どもの心理と、学校や家庭における指導の在り方を述べなさい。
    ■ 不登校について、そのタイプ別に学校及び家庭における対応(指導)の在り方を述べなさい。
    ■ カウンセリングの種類を挙げて、それぞれの理論や方法について比較検討しなさい。
    ①治癒的カウンセリング
    対象は、主に神経症(ノイローゼ)の患者
    神経症とは、自分自身にとって症状は苦しい悩みであり(苦悩)
          自分は病気であるという意識があり(病識)
          その病気の原因は自分自身にあると思うが(洞察力)、原因は自分にはわからない
          日常生活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。