学校教育職入門 試験対策 学習ノート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,031
ダウンロード数45
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <内容>
    ■ いじめや不登校といった、現代社会の教育的諸問題に対処していくためには、教師にはどのような資質や適性が強く求められるのか具体的に述べよ。
    ■ 教科指導と教科外指導とは何か、それぞれを具体的にまとめ、その両者の関係はどうあるべきかについて述べよ。
    ■ 教師の仕事には、具体的にどのようなものがあるのか。項目を5点以上にまとめ、それぞれについて、留意すべき点について述べよ。
    ■ 教師の服務規程とは何かについて解説し、教師はその問題にどのように対処すべきかについて述べよ。
    ■ 教職をとらえる視点として、教師聖職者論、教師労働者論、教師専門職者論がある。それぞれを簡潔にまとめ、それぞれの論の差がどこにあるかについて述べよ。
    ■ いじめや不登校といった、現代社会の教育的諸問題に対処していくためには、教師にはどのような資質や適性が強く求められるのか具体的に述べよ。
    ・教育相談とは
     …一人一人の児童生徒の教育上の諸問題について、本人またはその親、教師などに、その望ましいあり方について助言指導することであり、個人の持つ悩みや困難の解決を援助することによって、その生活によく適応させ、人格の成長への援助をはかるもの
    ・「カウンセリングマインド」を持つことが重要
      …共感的理解、生徒の自己成長力を信頼、人格的発達を援助する姿勢
    ・単なるハウツーではない 児童・生徒の理解が大事 内面を知る
    ・固定化した対応、一面的な見方を避け、生徒の理解に努め、柔軟に対応
    ・ケース報告を研究する姿勢
    ・教師⇔生徒 適切な関係、生徒同士の関係も適切に保つ
    ・いじめが犯罪行為の様相を帯びてきた場合には、出席停止など厳しい処分も
    ・関係する法律の理解
    ・教員同士、親と、地域と連携して解決に望む
    ・豊かな人間性(決して間違った行為をしてはならない)
    ・問題解決能力 論理的思考
    ■ 教科指導と教科外指導とは何か、それぞれを具体的にまとめ、その両者の関係はどうあるべきかについて述べよ。
    <教科指導>
    ・目的:学力の形成←学習指導
    ・指導目標・内容は、「学習指導要領」に示される
    ・指導計画の作成(学期計画、月間計画、週間計画、単元指導計画)
      ・学年間、教科間の相互の関連をはかり、系統的・発展的な指導ができるように
      ・体験的学習や、問題解決的な学習を重視する
      ・計画には弾力性を 途中での調整や見直しも
    ・学習指導案の作成
      ・指導計画に沿って、1時間ごとの具体的な指導計画をたてる
      ・1単位時間の目標と到達点を
    ・教材研究
      ・教科書以外の教材、教具の有効利用
      ・自ら教材開発も…自分の研究にもなり、より深い興味・関心で授業に臨むことになる
    ・授業の実施
      ・授業の形態の工夫  グループ指導、チームティーチングなど
    ・評価
      ・児童生徒にとって、自分の学習の進歩の実情を知る
      ・教師にとっても、方法の点検・反省、改善につながる重要なもの
    <教科外指導>
    ・目的:人格の形成(「情」「徳」「体」の育成 ⇔ 「知」)
    ・教科以外の指導で、「生徒指導」(進路指導、生活指導)と
             「特別活動」(学級活動、生徒会、クラブ、学校行事)
    ・自己実現の達成、そのための自己教育力の伸長を援助、促進する
    ・生徒指導
     ・社会の支配的価値観や規範への適応を促す。
     ・登下校時に指導
     ・クラブ活動(特別活動)において生徒を管理、指導
    ・教科指導に比べて、担当教員の人間性や考え方などが直接的な形で生徒に伝わりやすい
      方針の統一が必要…協力的な体制
    ・両者はバランスが保

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <内容>
    ■ いじめや不登校といった、現代社会の教育的諸問題に対処していくためには、教師にはどのような資質や適性が強く求められるのか具体的に述べよ。
    ■ 教科指導と教科外指導とは何か、それぞれを具体的にまとめ、その両者の関係はどうあるべきかについて述べよ。
    ■ 教師の仕事には、具体的にどのようなものがあるのか。項目を5点以上にまとめ、それぞれについて、留意すべき点について述べよ。
    ■ 教師の服務規程とは何かについて解説し、教師はその問題にどのように対処すべきかについて述べよ。
    ■ 教職をとらえる視点として、教師聖職者論、教師労働者論、教師専門職者論がある。それぞれを簡潔にまとめ、それぞれの論の差がどこにあるかについて述べよ。
    ■ いじめや不登校といった、現代社会の教育的諸問題に対処していくためには、教師にはどのような資質や適性が強く求められるのか具体的に述べよ。
    ・教育相談とは
     …一人一人の児童生徒の教育上の諸問題について、本人またはその親、教師などに、その望ましいあり方について助言指導することであり、個人の持つ悩みや困難の解決を援助することによって、その生活によく適応させ、人格の成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。