青年期の不適応行動 その原因

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,504
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ★青年期の不適応行動の主なものを説明し、その原因と考えられる諸要因について説明せよ。
     青年期の不適応行動には、非行、いじめ、暴力行為などの反社会的行動や、不登校、ひきこもり、スチューデントアパシーなどの非社会的行動がある。
    ●非行
    ・殺人、強盗、暴行のような犯罪行為から、家出、薬物乱用、喫煙、飲酒、不純異性交遊など不良行為までを含む。
    ・環境要因として、家庭内の問題(親の養育態度など)や学校や社会の病理があげられる。
    ・上記の環境要因により、内面に何らかの衝動や欲求不満などがあり、そのはけ口が非行である。
    ・突然「キレる」子どもは、欲求不満耐性が低い
    ●いじめ
    ・自分より弱いものに対して、一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。