ルソー教育の特徴(消極教育や自然主義など)について延べ、その意義や問題点を考察せよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数6,258
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ★ルソー教育の特徴(消極教育や自然主義など)について延べ、その意義や問題点を考察せよ。
     ルソーは、ルソー以前の、子どもに多くの知識や大人の義務を教える教育を積極教育と名づけ、それとは反対の消極教育が必要と考えた。
     積極教育では、子どもの本性を悪ととらえるため、教育目標は子どもの性質を根絶することにあり、人為的に外から知識や技術やしつけを教え込むことが重視された。
     ルソーは、これとは逆に、子どもは生まれながらに善であると考え、その本性を人為的でなく自然な形で成長させることが重要であると考えた。
     ここに、ルソー教育の意義

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ★ルソー教育の特徴(消極教育や自然主義など)について延べ、その意義や問題点を考察せよ。
     ルソーは、ルソー以前の、子どもに多くの知識や大人の義務を教える教育を積極教育と名づけ、それとは反対の消極教育が必要と考えた。
     積極教育では、子どもの本性を悪ととらえるため、教育目標は子どもの性質を根絶することにあり、人為的に外から知識や技術やしつけを教え込むことが重視された。
     ルソーは、これとは逆に、子どもは生まれながらに善であると考え、その本性を人為的でなく自然な形で成長させることが重要であると考えた。
     ここに、ルソー教育の意義がある。積極教育で見られた強制的な注入教育からの解放である。そうすれば..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。