ポール・ラングランの生涯学習教育論、ハッチンズ、フォール報告

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数4,300
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ★ポール・ラングランの生涯学習教育論の意義と、それ以降の生涯教育の歴史的変遷(ハッチンズ、フォール報告など)を述べよ。
     1965年、ユネスコの「成人教育推進国際委員会」において、ポール・ラングランが生涯教育の理念を新たに提唱した。
     これ以前も、古代から、人類は生涯にわたって教育・学習活動を続けていくことの重要性を自覚していた。それは、孔子やソクラテスの思想の中で見てとれる。しかし、それらの古典的生涯学習教育論は、あくまで個人的な学習・成長であり、私的教育という面が強かった。
     ポール・ラングランの提唱を契機に、生涯教育について研究され、公教育の枠組みの中で、そのあり方が考えられるようになっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。