コメニウスの教授学や一斉教授について述べ、現在の学校教育における意義を考察せよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,510
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ★コメニウスの教授学や一斉教授について述べ、現在の学校教育における意義を考察せよ。
     コメニウスは、キリスト教的世界観から、教育は万人に対して必要なものであり、すべての子どもが学校へ通う必要があると説いた。つまり、差別なく平等に教育をおこなわなくてはならないということである。
     

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ★コメニウスの教授学や一斉教授について述べ、現在の学校教育における意義を考察せよ。
     コメニウスは、キリスト教的世界観から、教育は万人に対して必要なものであり、すべての子どもが学校へ通う必要があると説いた。つまり、差別なく平等に教育をおこなわなくてはならないということである。
     すべての子どもに効率よく教えるためには、一歩一歩段階的に教えるのが良い。そしてそのためには、統一的体系的なカリキュラムが求められる。
     また、教材もよく工夫されたものが必要である。
     その方法として、ひとりの教師が多数の生徒に対して、一斉に集団的に教授することを主張とした。この方法が最も効率よく、平等である。
     教師は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。