子どもがものや人とかかわる力を次第に発達させていく過程を概観し、その中で学校教育がもつ意義を論述せよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数906
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ★子どもがものや人とかかわる力を次第に発達させていく過程を概観し、その中で学校教育がもつ意義を論述せよ。
     はじめに、ものとかかわる力の発達を述べる。
     子どもは、幼児期から事物への関心が高まり、事物の基本的性質(形・色・大きさ・用途など)を認知していく。
     児童期になると、直接見聞きできる体験を超えた、幅広いことがらに関心を持つようになる。
     小学校時代は、何よりも学習への意欲、あらゆることについてできるだけたくさん知りたいという欲求がある。
     だから、学校教育において、読み書き計算をはじめ、さまざまな教科の基礎・基本を学ぶことは、重要なことである。
     また、児童期後半からは、自らの学習過程..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。