ハヴィガーストの発達課題について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数6,828
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ★ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
     ハヴィガーストは、人間には、発達の段階に応じた課題があると説いている。
     その課題を、その段階において成就すれば個人は幸福になりその後の段階での課題も成功するが、失敗すれば不幸になり、社会で認められず、その後の課題の達成も困難になると述べている。
     例えば、子どもは生後2~3年までには、人と交わり、話すことを学習しないと、その後にこれと関連する課題、すなわち、読んだり書いたり概念を理解したりする課題の達成が困難になってしまうとされる。
    以下に、ハヴィガーストの発達課題をいくつかあげる。
    ●幼児期
    歩行の学習、食べることの学習、話すことの学習
    家族と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。