法の下の男女平等について論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数3,052
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の下の男女平等について論じなさい。
     憲法14条で、法の下の平等が定められている。
    「すべて国民は法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において差別されない。」
     これは、かつての身分制度や男女差別をなくすべく、定められたものである。
     男女平等の例としては、選挙権の平等や教育の平等、家族生活の平等があげられる。(家族生活の平等は、24条婚姻、個人の尊厳と両性の平等で述べられている)これらは、かつては差別があったが、今では常識的なことである。
     まだ問題が大きく残っていると思われるものに、職場における男女平等がある。
     「男女雇用機会均..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。