表現の自由の制限について論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数5,703
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    表現の自由の制限について論じなさい。
     憲法では、「一切の表現の自由」が保障されている。しかし、ある表現活動が他人の権利や自由を侵す結果になる場合には、制限を受ける。
    ①名誉毀損の表現
     名誉毀損の表現に関しては、刑法では刑罰、民法では損害賠償責任というように制限がある。
     ただし、名誉毀損にあたるといってすべてのそれに該当する表現を制限してしまうと、問題がある。問題がある例としては、政治家の賄賂の情報に関してなどがある。
     刑法では、「名誉を傷つける表現であっても、その公表が公益目的であり、その内容が公益の利害に関わり、真実である場合は、罰しない」とされている。
     裁判所も、公的な人物に関す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。