信教の自由と政教分離について論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,932
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    信教の自由と政教分離について論じなさい。
     憲法20条では、「信教の自由」が掲げられている。その内容のメインは、信仰の自由、宗教的行事の自由、宗教的結社の自由であるが、その他に、国と宗教の結びつきが規制されている。
     国(公権力)と宗教が結びつくと、信教の自由が保障されない場合を許してしまう危険性がある。例えば、江戸時代、江戸幕府がキリシタン弾圧を行ったことや、明治憲法下、神道を国教扱いし、他宗教を弾圧したしたことがあげられる。
     国(公権力)と宗教の結びつきに関して、憲法では具体的に次のようなことを禁止している。
    ・公権力が宗教団体に特権を与えること
     (宗教法人に対しての免税措置は特権にあ..

    コメント1件

    enderley202 購入
    まさか!1ページで525円取られるとは。
    始めにページ数を記入する必要があると思います。
    何ページなのか分からず、購入してしまった私の責任では
    ありますが。
    お金返してほしいです!
    2009/06/24 21:30 (7年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。