私人間における人権差別について論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,131
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私人間における人権差別について論じなさい
     憲法が規定する人権とは、伝統的に、公権力から国民の権利自由を守るためにあるとされてきた。つまり、公人(国家)対 私人を想定して憲法は作られているということである。なので、私人 対 私人の関係における人権の保護にかんして直接憲法を適用することには問題があるということになる。
     基本的人権は、濫用してはならなく、公共の福祉のためにこれを利用する責任を負うとされている。これは、権利の行使によって他人を害してはならないということである。これに関しては、例えば、表現の自由とプライバシーの権利の関係があてはまる。「公共の福祉」は基本的人権の調整役となっているので..

    コメント2件

    wantpiano 購入
    値段に見合わないです。
    2008/05/17 13:44 (8年6ヶ月前)

    kjp 販売
    >wantpiano さん
    コメントありがとうございました。
    日本国憲法の過去問の中で、自分にとっては一番むずかしかった問題で、
    けっこう時間をかけて勉強したものだったので、210円にしていたのですが、
    見合わないとのご指摘・・・すみませんでした。
    105円に変更させていただきます。
    (私はこの内容を試験本場で解答して、85点で合格できました)
    2008/05/27 16:33 (8年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。