教科「情報」の教育目標ならびに内容について他教科との比較

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数386
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「学習指導要領を参考にして、教科「情報」の教育目標ならびに内容について専門教科情報以外の他の具体的な1ないし2教科と比較してどのような特徴があるかについて説明せよ。」
     情報科の教育目標ならびに内容について、数学科、公民科と比較し、特徴を述べる。
    (1)教育目標
     情報科の教育目標は、「情報及び情報技術を活用するための知識と技能の習得を通してア、情報に関する科学的な見方や考え方を養うとともに、社会の中で情報及び情報技術が果たしている役割や影響を理解させ、情報化の進展に主体的に対応イできる能力と態度を育てる」とされている。
     まず注目したい点は、下線部(ア)「・・・を通して」という表現である。数学科の目標では、「数学の原理・法則の理解を深めるとともに、(中略)積極的に活用する態度を育てる」、公民科では、「現代の社会について理解を深めさせるとともに、(中略)公民としての資質を養う」という表現がされている。つまり、知識習得それ自体も目標とされている。情報科では、情報に関する単に知識・技能の習得だけが目標ではないことが強調されていると考えられる。
     次に、下線部イに注目すると、情報化は今後も激しく進展していくから、将来的にもそれに対応できる能力が必要であることがわかる。生徒が生涯学習を通して能力を高めていくための土台づくりが情報科で求められるといえる。数学科・公民科の目標では、「進展に対応」という表現はなされていないことからも、特に情報科で扱う内容に関しては、継続的に主体的な学習が必要だといえるだろう。
    (2)内容
     教育内容の特徴を、次の①~⑥にまとめる。
    ①特定の観点に偏らない指導
     情報科の目標は、次の3つの観点にまとめられる。「情報活用の実践力」、「情報の科学的理解」、「情報社会に参画する態度」である。これらは、それぞれ順に「情報A」、「情報B」、「情報C」で重点が置かれている。ただし、3つの観点は全く別々のものではなくお互いに関連し合っているので、特定の観点にのみ偏るのではなく相互に関連させて指導する必要があるとされている。つまり、例えば情報モラル教育などは、あらゆる機会に(手を変え品を変え)何度も取り上げて良いのだろう。それが生徒たちにより深く考えさせ、望ましい能力・態度を身につけさせることにつながるだろう。
    ②「生徒に提示する課題=教育目標」ではない
     数学科「数学基礎」や公民科「現代社会」では、例えば、「預貯金について数列の考えを活用して

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学習指導要領を参考にして、教科「情報」の教育目標ならびに内容について専門教科情報以外の他の具体的な1ないし2教科と比較してどのような特徴があるかについて説明せよ。」
     情報科の教育目標ならびに内容について、数学科、公民科と比較し、特徴を述べる。
    (1)教育目標
     情報科の教育目標は、「情報及び情報技術を活用するための知識と技能の習得を通してア、情報に関する科学的な見方や考え方を養うとともに、社会の中で情報及び情報技術が果たしている役割や影響を理解させ、情報化の進展に主体的に対応イできる能力と態度を育てる」とされている。
     まず注目したい点は、下線部(ア)「・・・を通して」という表現である。数学科の目標では、「数学の原理・法則の理解を深めるとともに、(中略)積極的に活用する態度を育てる」、公民科では、「現代の社会について理解を深めさせるとともに、(中略)公民としての資質を養う」という表現がされている。つまり、知識習得それ自体も目標とされている。情報科では、情報に関する単に知識・技能の習得だけが目標ではないことが強調されていると考えられる。
     次に、下線部イに注目すると、情報化は今後も激..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。